テニスは時間の奪い合い

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

今日のお話は時間と反応。
反応を速める事はテニスでは最重要課題です。

結局テニスは相手の時間の奪い合いなんですね。
自分が時間に間に合わなければ負けるわけです。

良く考えてみれば、フェデラーも私もあなたもテニスコートでしている事は同じです。
準備して、ボールの所に行き、インパクトして、動いて・・・・・
準備して、ボールの所に行き、インパクトして、動いて・・・・・

これを繰り返しているだけです。
先ほども言った様に誰もがこれをしているだけです。

同じ大きさのコートで、同じ弾みのボールを使ってです。
ただ、上級者達はこれらを限られた短い時間でする事ができます。

ところが、初心者はこれができない。
と言うより、間に合わないわけです。

つまり、上達する過程はどれだけ短い時間でこれらを正確に繰り返す事ができるか?
突き詰めればこれだけです。

ところが残念な事に一般的な常識はこの一番大切な事に反しています。
時間がかかるように練習しているわけです。

例えば。
「考える」「考えない」どちらが速い?
「複雑」「単純」どちらが速い?
「多い」「少ない」どちらが速い?
「迷う」「迷わない」どちらが速い?

いかがです?
こう考えるとわかりやすくないですか?

でも、ほとんどが時間のかかる事を指導されませんか?
正しい事をたくさん教わります。
それもわざわざ複雑に解説して。。。

これで迷うな?考えるな?というほうが無理。
当然、時間を短縮する事なんてもっと無理。。
だと私は思うわけです。

と言う事でフィーリングテニスは今後も独自の方法で「時間」を攻略したいと思います( ̄ー ̄)ニヤリ

以上今日のお話は時間と反応でした。
長文お読みいただいていつもありがとうございます。

フィーリングテニス

戸村基貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です