テニスは時間の奪い合い

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

今日のお話は時間と反応。
反応を速める事はテニスでは最重要課題です。

結局テニスは相手の時間の奪い合いなんですね。
自分が時間に間に合わなければ負けるわけです。

良く考えてみれば、フェデラーも私もあなたもテニスコートでしている事は同じです。
準備して、ボールの所に行き、インパクトして、動いて・・・・・
準備して、ボールの所に行き、インパクトして、動いて・・・・・

これを繰り返しているだけです。
先ほども言った様に誰もがこれをしているだけです。

同じ大きさのコートで、同じ弾みのボールを使ってです。
ただ、上級者達はこれらを限られた短い時間でする事ができます。

ところが、初心者はこれができない。
と言うより、間に合わないわけです。

つまり、上達する過程はどれだけ短い時間でこれらを正確に繰り返す事ができるか?
突き詰めればこれだけです。

ところが残念な事に一般的な常識はこの一番大切な事に反しています。
時間がかかるように練習しているわけです。

例えば。
「考える」「考えない」どちらが速い?
「複雑」「単純」どちらが速い?
「多い」「少ない」どちらが速い?
「迷う」「迷わない」どちらが速い?

いかがです?
こう考えるとわかりやすくないですか?

でも、ほとんどが時間のかかる事を指導されませんか?
正しい事をたくさん教わります。
それもわざわざ複雑に解説して。。。

これで迷うな?考えるな?というほうが無理。
当然、時間を短縮する事なんてもっと無理。。
だと私は思うわけです。

と言う事でフィーリングテニスは今後も独自の方法で「時間」を攻略したいと思います( ̄ー ̄)ニヤリ

以上今日のお話は時間と反応でした。
長文お読みいただいていつもありがとうございます。

フィーリングテニス

戸村基貴

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です