メンタルトレーニング DVD 感想 その2

メンタルトレーニングDVDを御覧いただいた方からこんな感想をいただきました。

「早速送っていただいてありがとうございました。
今見終わったところです。

今回はセミナー部分とオンコート部分に分かれていて盛りだくさんでしたね。

セミナー部分があったおかげで、今まで戸村コーチがコートでおっしゃっていたことの理由がよくわかりました。

小脳と大脳の仕組みの違いをわかりやすく教えていただけて、目からウロコでした。
自動調整ってなんてステキな能力なんでしょう!

今までマグレだと思ってたことが、実は自分の力だと思うと、これからの自分のテニスの可能性にワクワクします。

今までのことを振り返って、確かに結果や試合後のランキングに気がいくと、追いつめられたような気がして、普段できてたことがコートでは、できなくなったりしてました。

逆に久しぶりで、ゲームができればいいやなんて思ってた試合はいい結果を出せたりしてたんですよね。

プレッシャーとの付き合い方がわかって、気が楽になりました。
今まで自分が失敗したときにギャラリーが多いときや、パートナーの顔色をうかがって、(>_<)こんな気持ちになったりしてました。(誰も私を責めたりしてないのに) でもこれからはその事実をその出来事のまま受け止めていくように練習したいと思います。 ありのままを認める、判断や分析を加えずに自己受容をすることができれば、テニスはもちろん、仕事でも毎日の生活でもhappyにつなげられるなぁと思いました。 あとは集中力の持続についての項目が良かったです。 ちょうどもっと集中が続いてほしいけど、どうしたらいいのかなぁと思っていたところでした。 早速実践してみたいと思います。 今回も素晴らしく内容の濃いDVDをありがとうございました☆」 そうなんですよね。 セミナーでお話している脳のメカニズム、ここを理解するだけで実はいろんな事が変わり始めます。 「コートで練習もしていないのに上達するわけがない」通常こう思うと思います。 でも本当はそんな事はありません。 テニスの練習をしなくても上達する事は可能です。 でもそれって考えれば当たり前の事です。 だって、初めての事でも何となく出来てしまう、センスの良い人がいますよね。 その人たちが知らないうちに実践している事です。 つまり、考え方や捉え方が変われば結果はいきなり変わってしまうのです。 さて、では次。 「先行購入したDVD第6段メンタルトレーニング編を早速観ました。 セミナー編での「集中力」や「脳のメカニズム」といった理論的な情報を、 オンコート編で具体的・実践的に落とし込める構成になっているので、 とても分かりやすく、実際にコートにいるような感覚になって1.5時間以上の内容もあっと言う間でした。 そして、ハッとさせられる言葉がたくさんちりばめられてました。 飛び道具に一喜一憂せず、成長欲さえ手放して、淡々と繰り返すことの大切さと面白さを感じています。 メンタルトレーニング編に込められた内容は、テニスだけでなく様々な場面に応用ができる価値の高いものですね。 Feeling Tennisの核心・基本として繰り返し観ないといけないDVDだなと思いました。」 そうですね。 元々、フィーリングテニスの根幹になっている大脳生理学 はテニスの世界にあった物ではありませんから。 人間の能力を発揮する為の最新の脳の活用法です。 それをテニスに応用しているだけ。 なので、テニス以外にも当然応用可能。 人生で自分の能力を発揮できるってホント楽しいです。 こういう感想をいただけると本当に感謝です。 これからも精進していく元気をいただけます。 皆さん本当にありがとうございます。 そして、フィーリングテニスがきっかけになって、 本当の自分の可能性に気づいてくれる人が一人でも増えると良いなぁと願っています。 本日は以上です。 長文お読みいただいて本当にありがとうございます。 フィーリングテニス 戸村基貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です