1000往復ノーミスでラリー

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

さて、先日練習で1000回ラリーをしてみました。
久しぶりだったんですが、無事達成。

めちゃめちゃ疲れました(笑)
かなりスローペースで打ち合った事もあるので、時間にして約1時間弱途切れる事無くラリー。

合計2000回の打ち合いですね。
これを一つのボールで打ち続けるとどうなるか?
こんな感じになります(笑)

img_0494

ところで、この1000回ラリーの目的は何か?
いろいろなところで、効果が出てきますが、一番の目的は集中力の持続力。

このベースになる能力の底上げができます。
技術や体力ももちろん向上します。

でも、一番は集中の持続力です。
約1時間もただ打ち合っているといろんな事に気がつく事ができます。

自分のボールを分析している時。
打ち終わって反省している時。
心地よい打球感に酔っている時(笑)
全く別の事を考えている時(笑)
「早く終わらないかな~」と思っている時(笑)

などなど・・・・

この自分の心の変化に気がつく事ができる事がとっても良いのです。
自分の変化に自分で気がつく事ができれば、自分をコントロールする事ができるようになります。

自分をコントロールできない時は自分の事を自分で客観的に見れていないときですね。
こんな時はどうしようもありません。

酔っ払いが「酔ってないよ♪」と言い出したらやばいです(笑)
あれと同じです。

さて、この1000回ラリーを続けていると先ほども言ったように集中力の持続力が付くわけですが、
具体的にはどんな変化が出てくるか?

まず、当然の事ですが、イージーなミスが激減します。
そして、同じ事を続ける事ができる忍耐力が付きます。

その為に、プレーが非常に安定するのです。
プレーが安定するとどうなるか?

相手が勝手にミスしてくれます。
そして、相手が負けてくれます。

この感覚大事です。
自分が勝つのではありません。

相手が負けてくれるのです。
自分は特別な事をしていない。

ただ、普通にプレーしているだけ。
でもそれに相手がついてこれない。

これが自然な勝ちの形であり、自分のステージがワンランク上がった証拠です。
もちろん、次のステージの相手に当たると逆の事を起こりますが。

この状態にならないと「勝ちたい!」といくら願っても結果はでません。
それどころか、願えば願うほど「勝ち」は陽炎のように逃げて行きます。

この練習の効果はまだまだいろいろありますが、それはまたの機会にしますが、
今日お伝えしたい事はぜひ、この練習に挑戦してみてほしいと言うこと。

テニスの上達は理屈じゃありません。
感覚を掴むしかないのです。

いくら正しいフォームを頭で理解したところで、2,3回でミスをしていたのではどうしようもありません。
正しいフォームを理解する為の時間があったら、1回でも多くラリーを続ける事です。

この考え方の違いは大きな差を生み出します。
ぜひ、挑戦してみてくださいね。

始めて挑戦した方でも、3ヶ月もあれば達成できると思います。
ただし、「本当の集中力を知っていれば」という条件はつきますが。

挑戦してみて上手く出来ないようだったら、質問をいただけるとお答えします。
ぜひ、あなたのステージをあげてくださいね(・∀・)b

以上今日は1000回ラリーのお話でした。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス

戸村基貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です