集中する事で生まれるイメージ

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

さて、先日イメージの事を少しお話しましたが、こんなメールをいただきました。

「いつも拝見させて頂いています。
○○と申します。

フォームや動きではなく、ボールの動き・行き先のイメージということですがよくわかります。

先日、プレーをしていた時、ふと相手コートのオープンンスペースと同時にボールの到達点や軌道が見えて、自然に体が反応してイメージ通りのボールがそのまま現実になりました。

いや、うれしいのなんの・・拍手喝采でした。
どんなフォームで打ったかは定かではありませんがやけにボールがはっきりと見えていました。

サーブでも時折ありましたが、だんだん増えることを期待しています。

土曜日に元プロの方と練習する機会があり、その時も、先入観なしでレシーブをしたらとても速かったのですが、8割はちゃんと返せました。

これからもメール読まさせて頂きます。
楽しみにしております。」

素晴らしい体験をされましたね。
イメージの世界ってこんな感じです。

でも、残念ながらフォームや打ち方をいくらイメージしてもこんな事は起こりません。
ボールに対する集中力が高まったからこそ起こることなんです。

フォームや打ち方の事を忘れてボールに集中してみてください。
きっと面白いことが起こりますよ。

ちなみにこのお便りの補足を少ししておきますね。
勘違いするといけないので。

彼は「ボールの到達点や軌道が見えて」と表現してくれていますが、実際の目で見ているわけではありません。

ボールへの集中力が高まっているので目はボールを追い続けていると思います。
でも「見える」んです。

これこそがイメージ。
目で見ているのではなく、脳の視覚領で直接見ている(感じている)ような状態だと思います。

このあたりは言葉ではなかなか上手く表現できないのですが・・・
ただ、ここでお伝えしたいのはそういう世界を「目で見よう」としても無理と言うことです。

全く次元の違う世界なんです。
彼が体験した世界はあくまでもボールに集中した結果です。

ですから、多分彼自身もそのような物を見ようとしたわけではないはずです。
ただ、ボールに集中したら自動的にでてきた。

ここがポイントですね。

ですので、意識は常にボールに集めるようにしましょう。
目で到達点や軌跡を見ようとするとかえってボールのへの集中力が下がってしまうので注意してくださいね。

さて、今日は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です