いつも同じフォームで打つとテニスは安定しないと言う話

さて、今日のお話は「安定」について。
テニスは確率のスポーツです。

ショットには安定性を求められます。
そして、またそれがその人のレベルでもあります。

ではどうすれば安定したショットが打てるか?
ここは非常に大切なポイントです。

一般的にはこの問題を解決する為に同じ打ち方やフォームを身につけようとします。

でも、これ実は短絡的過ぎます。
人間の体はそんなに単純ではありません。

また、テニス自体もそんなに単純ではありません。
飛んでくるボールが全く違うのに同じフォームで打てば、安定などするわけがありません。

にも関わらず、ほとんどのスクールやコーチは正しいフォームいつも同じように出来るように練習を繰り返します。
そんな事をしてもボールは安定しないにも関わらず。

現実はこれとは逆です。
同じフォームを繰り返す練習をすればするほど、ボールは不安定になります。

練習で同じフォームを身につけようとしている人は体験しているはずです。
「自分では同じようなフォームで打っているのにボールが安定しない」という経験を。

ここで何に気づくか?
ここは大事です。

「自分では同じフォームで打っているつもりだったけど、本当は違ったんだな・・まだまだ正しいフォームをしっかりと身につけるように練習しないと」

こんな風に思うのか?
それとも。

「同じフォームで打つように練習しても安定しないと言う事は、
同じフォームを身につける練習ではボールは安定しないのかも?」

こんな風に思うのか?

同じ経験をしていても全く違う分析をしています。

ちなみに私がフィーリングテニスでお伝えしているのは後者です。
一般的な常識とは真逆の事をお話しているのはわかっています。
でも、そのほうが結果が出ます。

もし、あなたが今、なかなかショットが安定しないのなら・・・
この事に気がつく時が来たのかもしれません。

詳細な内容に興味をお持ちの方は下記から無料のメルマガにご登録いただけると嬉しいです。
より深い内容をお話ししています。

本日は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む5つの間違い

「テニスって難しい・・・」
「もっと早く上達したい・・・」

もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

詳しく知りたい方はこちらから無料ダウンロード

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です