頭で分かってもテニスは上手くなれない

今日のテーマは「頭と身体」です。

「頭では分かっているんです・・・
でも、身体が思ったように動いてくれないんです・・・」

こんな風に感じている方は非常に多いです。
ですが、実はこれはとても危険な考え方です。

理由は頭と身体はそもそも別の物だからです。

テニスが伸び悩む方の多くが「頭で分かる(イメージ出来る)と身体はそのように動かせる」と思っています。
ですが、それは大きな勘違いです。

そもそも頭と身体は別の物です。

頭で理解したからと言って、その通りに動いてくれるわけではありません。

例えば。
「心臓の動きを早くすれば、心拍数が上がる」
と理解していても、実際に心拍数を上げる事は出来ません。

また。
「血流を多くすれば、体温が上がる」
と理解していても、実際に体温を上げる事は出来ません。

これらは少し極端な例ですが、身体は基本的に頭で意識してもコントロール出来ないのです。

頭は顕在意識が司っています。
身体は潜在意識が司っています。

その為に、そもそも、顕在意識である頭では身体はコントロール出来ないのです。
ですから

「頭では分かっているんです・・・
でも、身体が思ったように動いてくれないんです・・・」

こんな悩みを持つ方はそもそも大きな勘違いをしていると言うわけです。

では、どうすれば、身体は上手く動いてくれるのか?
また、テニスの技術を身につけてくれるのか?

最も大切な事は身体自身に学ばせる事です。

分かりやすく例えると、身体には頭とは別の人格があると考えてください。
身体は別の人なわけですから、自分がコントロールする事は出来ませんよね。
身体は身体の人格に任せて、学ぶのを待つしか方法はありません。

昔から「身体で覚える」と言う表現があります。
まさにその通りです。

頭で覚えるのでは無いのです。
身体が気づき、覚える事でテニスは上達します。

その為に、身体に様々な体験、経験をさせる事です。

子供が成長するのと同じように考えましょう。

同じ事ばかりをさせていると子供は成長するでしょうか?
親に言われた事しかしなければ、子供は成長するでしょうか?

これでは成長するのは難しいと思います。

いろんな体験を感じるままにさせる事が必要です。
身体も全く同じです。

例え、上手く出来なくても、色んな練習をするべきです。
結果や形に拘らず、フィーリングに任せてボールを打つ事です。

「正しい事を練習しなければ、正しい事は覚えられない」

一般的にはこんな風に考えられがちです。
ですが、それも勘違いです。

様々な体験をするからこそ、ニュートラルでバランスが取れた感覚を身につける事が出来ます。
逆に正しい事だけを練習する為にバランスが偏った不自然な感覚しか身に付かないのです。

身体は様々な体験をする事で自分の身体に合った一番効率の良い動きに段々気づくようになります。
この時、身体に無理が無く、それでいて、スムーズで美しい動きが身に付きます。

これがテニスの上達です。

このように身体に覚えさせるには
「頭で分かると身体がコントロールできる」
まずは、この勘違いから抜け出す事です。

この勘違いから抜け出せないと、いつまでも、頭で身体をコントロールしようとします。
このサイクルに入ると閉回路です。
いくら練習しても、テニスは上達する事が出来ません。

身体は身体
別の人格がある事を認めてあげてください。

そして、気づきが生まれるまで優しく見守ってあげてください。
実はこれがテニスが短時間で上達する一番の秘訣です。

本日にお話しは以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

               
           

シェア!

2 件のコメント

  • こんにちは。アドレス変更しました。毎回ありがとうございます。私、病気がありテニスを何とか続けたく方法を探していました。緑内障でかなり見えなく、がんになり、パーキンソン病で体が上手くうごきません。それでも何かを得ようと頑張っています。長い文も毎回楽しみに読んでいます。

    • いつもありがとうございます。
      コメントありがとうございました。
      感動しました。
      私もまだまだ精進します。
      これからもよろしくお願いいたします。

      ところで、アドレス変更の件ですが、これはメルマガのアドレス変更の依頼と言う事でしょうか?
      もし、そうであれば、現在登録しているアドレスを教えていただく必要があるのですが・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です