テニスの壁の乗り越えるには

今日のテーマは「ボールを知る」です。
テニスは練習を続けているとどんな方にでも壁がやってきます。

初心者には初心者の壁が。
上級者には上級者の壁が。

練習した量に比例して上達していくわけではありません。

上達し続ける為には自分の前に現れた壁を上手く乗り越えていく事が必要になります。
その時現れた壁を乗り越えると一段階上のレベルに上達する事が出来ます。

ですが、その壁を乗り越えれないとレベルが停滞します。
では、どうすれば、壁を乗り越える事が出来るか?

最も大切な事はボールを知る事です。
テニスの壁はいつも、ボールを知らない事から始まります。
逆に言えば、ボールを知る事が出来れば、壁は自然と消滅します。

例えば、「中級から上級へ上がれない」と言う方がおられるとします。
この方がレベルアップ出来ない一番大きな原因は上級のボールを知らない事です。

当たり前の事ですが、テニスボール自体は何も変わりません。
ですが、そのボールを打つ人によって、ボールは全く違う物に変わります。

例えば、「飛んで来る速度」や「地面にバウンドした時の弾みの量や高さ」また「飛んで来る場所やタイミング」などです。
テニスボール自体は同じでも中級者と上級者では全く違う物となって飛んできます。

これがテニスの壁の始まりになります。
ですから、壁を乗り越えるにはまず、「ボールを知る」事から始める事がとても大切になります。
そして、上級者のボールを熟知する事が出来れば、自分も自然と上級者になっているという事です。

ところが、壁を乗り越えられず、停滞する人はここで進む道を誤ります。
本来なら、「ボールを知る」事に興味を持つべきですが、そうではなく、「自分」に興味を持ってしまいます。
つまり、「自分がどうしたら良いのか?」を練習し始めるという事です。

例えば。
「テークバックの方法を改善しようする」
「足の使い方を改善しようとする」
「ラケットの振り方を改善しようする」
・・・・・・

こういう改善は全て、自分に興味が向いています。
自分の「身体の使い方」「ボールの打ち方」と言ったほうが良いかもしれません。

いずれにしても、最も重要な「ボールを知る」事ではない物を練習してしまう訳です。
この道に進むと同じ壁にぶち当たり、乗り越える事は出来なくなります。

ここで重要なのはテクニックはボールのレベルによって変わると言う事です。
確かに中級者と上級者ではテークバックが変わる必要があるかもしれません。

例えば、ボレーのテークバック。
相手のボールの速度や球威が増せば、よりコンパクトなテークバックが必要になります。

そこで、間違えると「テークバックをコンパクトにしないと」とテークバックの練習を始めるわけです。
でも、本来は「ボールを知る」事が出来れば、テークバックは自然とコンパクトな物に変わっていきます。

ボールを知り、打点に到達する時間がしっかりと分かっていれば、大きくテークバックすれば、間に合わない事は身体は分かります。
にも関わらず、余計な動きが混ざっているのは、ボールの事がまだ、分かっていないからです。

ボールの事を知り、いろんな事が分かってくれば、身体は自然とそのボールに対処するようになります。
この時、壁は自然と消滅します。

テニスボールの動きは数学や漢字のように「一度覚えれば使える」という物ではありません。
九九であれば、「2×2=4」と覚えてしまえば、後は応用が利きます。

ですが、テニスボールは中級者のボールに慣れたからと言って、そのまま上級者に応用できるわけではないんです。
中級者のボールと上級者のボールは全く違う物です。

ですから、テニスが上達し続ける為には常にボールに集中し続けるしか方法は無いんです。
そして、ボールに集中し続けていたら、身体はそのボールに対応し始めます。
その結果、変わっていく物がそのレベルに必要なテクニックです。

この先、あなたにも壁が幾度となく、やって来ると思います。
でも、そんな時は思い出してください。

テニスの壁を乗り越える一番のコツは「ボールを知る」という事です。
これはどんなレベルになっても変わりません。

あまりにもシンプル過ぎて、多くの方はこの事に気づきません。
ですが、これ以外に方法はありません。

本日のお話しは以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む5つの間違い

「テニスって難しい・・・」
「もっと早く上達したい・・・」

もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

詳しく知りたい方はこちらから無料ダウンロード

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です