テニスの癖

今日は「テニスの癖」についてお話ししたいと思います。

テニスコートでプレーしている方達を見ると十人十色みんな違う打ち方をしていますよね。
中にはとてもユニークで癖のある打ち方をしている方もいます。

では、どうして、あのように癖のある打ち方になってしまったのでしょう?
やはりそれには理由があるのです。

本来、人の身体は効率の悪い動きを好みません。
つまり、癖のないスムーズな動きを身につけたがっているのです。

ところが、現実にはとても効率の悪い無駄な動きが混ざった癖を身につける方がたくさんいます。
その一番の理由は上手く打とうとする自分の願望です。

原因を感じずに結果だけを求めると身体は勝手に無駄な動きを身につけてしまいます。

心の動きと身体の動きはリンクした物です。
その時の心の状態が身体の動きに現れると考えてみてください。

心が焦って、結果を求めると身体も無理やり、結果だけを求める動きになると言うわけです。
これが無駄な動きの混ざったユニークな癖になるのです。

逆に言えば、心が無駄のない穏やかな状態であれば、身体の動きも無駄のない自然な動きになります。

私はレッスンで指導する時に、まずはテニスのフォームではなく、身体の自然な動きを説明します。
そして、それを体験してもらいます。

例えば、バックハンドスライスなら、腕の運動は歩く時に腕を振る動きが基本になります。
皆さん、歩く時には左右の腕を前後に振って歩きますよね。

バックハンドスライスの腕の動きはこの動きとほぼ同じです。
ですから、最初に「少し腕を大きく降って歩いてみてください」と説明します。

そして、実際にやってみてもらいます。
この段階ではほぼ、100%の方に何も問題はありません。
みんな自然にできます。

つまり、本来は100%の方がバックハンドスライスの動きを身につける事が出来るはずなのです。

ところが、ボールを打ち始めるとほとんどの方が同じ動きが出来なくなります。
いろんな動きが混ざって、自然な動きではなくなるんですね。

不思議だと思いませんか?

身体はそのような動きを知っているし、既に出来ているのです。
ところが、ボールを打つと全く違う動きをします。

これは先ほど言ったように心の状態の問題なのです。
心が結果を求めるので、本来できるはずの動きが出来なくなってしまうと言うわけです。

テニスの動きはとてもシンプルです。

トップスピンのフォアハンドストローク。
トップスピンのバックハンドストローク。
フォアボレー、バックボレー。
スマッシュ、サーブ。

これら全て、特別な動きを覚える必要は全くありません。
日常の生活で自然に使っている当たり前の動きをするだけです。

つまり、「〇〇の打ち方」なんて覚える必要が無いのです。

錦織選手の動きもフェデラーの動きも
みんな日常の生活で使う動きの延長にあります。

逆に「〇〇の打ち方は・・・・」こんな風に考えているとしたら、それはとても危険です。
テニスの動きの本質を勘違いしています。

増してや、ボールの打つ為に「新しい動きを覚える必要がある」と思っているなら、それは大きな間違いです。
それでは、テニスをただ、難しくするだけです。

話を元に戻します。
テニスの動きは日常の生活で使っている当たり前の動きです。
ですが、ボールを打つとそれができなくなります。

理由は心の状態がその動きを邪魔してしまうからです。
つまり、癖のない自然なフォームを身につける為には心の状態を整える事なのです。

ちゃんとボールを打とうと努力する事でもなければ、正しいフォームを覚えようとする事でもないのです。
そんな事をすればするほど、身体は勝手にいろんな動きを混ぜてしまいます。

ただ、落ち着いて、日常で使っている自然な動きをすれば、ボールはどうなるか?
これを観察しておくだけで良いのです。

焦らず、結果を求めず、心が穏やかな状態でただ、ボールを認識しつづけます。
たった、これだけで良いのです。

ところが、ボールを打つ時に「たった、これだけの事」を実践するのは簡単な事ではありません。
やはり、心が揺れ動きます。

誰もが良い結果が欲しいですし、早く上達したいと思います。
試合なら、勝ちたいと思うでしょう。

これはとても自然な心の動きです。
でも、だからこそ、練習が必要になるのです。

ボールを前にして、心がどれだけ穏やかで静かな状態でいる事ができるか?
シンプルですが、簡単ではありません。

心が穏やかで静かな状態であれば、あるほど、身体の動きもスムーズで効率の良い動きをします。

とても大切な事なのでもう一度言いますね。

身体の動きは心の動きの現れです。
心の動きがそのまま、その人のフォームに現れています。

もし、あなたが今以上に自然でスムーズな動きを身につけたいのであれば。
まずは、心の状態を整えてください。

心の状態が整えば、身体の動きも間違いなく整っていきます。
心と身体は繋がっていますから。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

* フィーリングテニスの詳細な練習方法を「フィーリングテニス 実践テキスト(無料版)」にまとめてみました。
必要な方に無料でお配りしています。

良かったら参考にしてみてください。
               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です