テニスが強くなる練習の取り組み方

今日は練習への取り組み方についてお話しします。

テニスの練習は世界中どこに行ってもそれほど大きな差はありません。
球出しの基本練習をして、ラリーをして、ゲームをするだけです。

これはトッププロ達も同じです。
何か特別な練習方法を経験したからプロになったわけではないのです。

にもかかわらず練習の成果には人によって違います。
では、なぜ、こんな差が生まれてくるのか?

その大きな原因の一つが練習の取り組み方です。
同じ練習をしても個人の取り組み方が違うと練習の効果は大きく変わってきます。

練習の取り組み方と言っても。
一生懸命するか?
怠けるか?
サボるか?
と言うようなレベルの話ではありません。

モチベーションが高く、一生懸命練習する事が前提のお話しです。

実は練習は一生懸命すればするほど、逆に上手くなれない落とし穴があります。
もし、一生懸命練習しているにもかかわらず、中々上達を感じられないのなら・・
あなたもこの落とし穴にハマっている可能性が高いです。

では、その落とし穴とはどんな物か?
それは、「良い結果を出そう」とする気持ちです。
または、「高いパフォーマンスを発揮しよう」とする気持ちです。

実はこういう前向きな気持ちがテニスの上達を阻害します。

「??」と思われましたか?(笑)
普通は逆ですよね。

良い結果を出そうとして一生懸命練習する事で上達していくと考えられています。
ですが、実はこれでは上達できないんです。

もちろん、「上達したい」と言うモチベーションは大切です。
これがなければ、上達する事はできません。

ですが、短絡的に「良い結果を出そう」と練習しても成果は上がらないんです。

ではどうすれば良いのか?
それは今起こっている事を正確に認識する事です。

テニスの技術は一言で言えば物理です。
自分のイメージしている結果が出ない事には理由があります。
いくら自分では正しい事をしているつもりでも、実際には何か原因があるから結果が出ないわけです。

そこにギャップがあります。
「自分がしようと思っている事=実際にしている事」
ではないと言う事です。

このギャップを埋める事が上達する為に一番必要な事です。

ところが、「良い結果を出そう」と練習する方はこのギャップに気付く事ができないのです。
何が起こっているかが分からないのにただ一生懸命練習しているわけです。

迷子になって、自分の場所が分からないのに、一生懸命走り回っている状態に良く似ています。
これでは一生懸命がんばれば、がんばるほど、状況は悪くなります。

迷子から抜け出すにはまず、自分が今、どこにいるか?
これを把握する事が大切です。
そうすれば、どちらに向かえば良いかが明確になります。

テニスも同じです。
今、どんな事が起こっているのか?
これを正確に認識する事です。

伸び悩んでいる事はこの認識が足りないのです。
例えば、ボールのコントールが悪いならボールとラケットがどのように触れ合うか?
この認識が足りないのです。

いくら自分では正しくラケットを振っているつもりでも。
実際にボールとラケットが触れ合う時にはどのような事が起こっているのか?

この事とじっくり向き合う必要があるのです。
ところが、良い結果を出そうと頑張っている人はそんな事はお構いなしです。
ただ、一生懸命「良い結果を出そう」と努力します。

これでは、いつまでも迷子のままです。
迷路から抜け出す事はできません。

これが「良い結果を出そう」と想いながら練習すると上達しない理由です。
頑張れば、頑張るほど、泥沼にハマっていきます。

焦らず、落ち着いて、まずは、今、起こっている事を認識する事が大切です。

配球や展開を上達させたいのなら、正しい配球や展開を練習する事を止めます。
そして、まずは、自分がどんな配球をしているか?これを認識する事です。

ポジションを上達させたいのなら、正しいポジションに動く事を止めます。
そして、まずは、自分がどこにいるのか?これを認識する事です。

ボールのコントールを上達させたいのなら、ボールをコントロールする事を止めます。
そして、まずは、ラケットとボールがどんな風に触れ合っているのか?これを認識する事です。

つまり、練習の方法ではなく、練習への取り組み方を変えるのです。
短時間で上達する為にはこれが最も大切な事です。

取り組み方が変わると自分でいろんな事に気付き始めます。
この気づきがテニスを上達させてくれます。

テニスは正しい事を記憶する事が上達するのはありません。
気付いたり発見したりするから、上達するのです。

その為には「今起こっている事を認識する」
これが最も大切な事です。

ぜひ、一度、練習の取り組み方を変えてみてください。
きっと、いろんな発見があってテニスが今以上に楽しくなりますよ。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む5つの間違い

「テニスって難しい・・・」
「もっと早く上達したい・・・」

もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

詳しく知りたい方はこちらから無料ダウンロード

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です