「それなり」が持つテニスの可能性

今日のテーマは「それなり」です。
実はテニスのプレーには「それなり」と言う感覚が必要です。

ところが、一般的には「それなり」と言う言葉にはあまり良いイメージが持たれません。
妥協や諦めのイメージが湧くからかもしれません。

ですが、私がお伝えしたい事はそんな事ではないのです。
「それなり」にプレーするとは「その時のその状況に対応する」という意味です。

生徒さんと話をしていると「少し勘違いしているなぁ」と感じる事が度々あります。
その一つが「試合で勝つ為には最高のパフォーマンスを出す事が必要だ」と考えている事です。

その為に、自分の調子や状況に関わらず、いつも最高のプレーをしようと努力します。
ですが、実はこの努力こそが試合のパフォーマンスレベルを低下させる原因になります。

もちろん、「最高のパフォーマンスを発揮しよう」とするモチベーションはとても大切な物です。
ですが、だからといって、自分勝手にプレーしても結果は余計に悪くなります。

人間には必ず「調子」が存在します。
その波に応じてプレーする事はとても重要です。

調子の波を考慮できるようになると、プレーに柔軟性が生まれます。
この柔軟性は相手への対応力に繋がります。
その為に、結果的には勝負に勝つ可能性が高まるのです。

テニスは自分が高いパフォーマンスを発揮したからと言って、必ずしもポイントに結びつくわけではありません。
最高のショットを打っても、相手のフレームショットがネットインするかもしれません。
最高の展開をしても、相手がまぐれショットを返球するかもしれません。

もちろん、高いパフォーマンスの方がポイントを取る確率が高まる事は事実です。
ですが、絶対ではありません。
にも関わらず、いつも高いパフォーマンスを求めて自分が自滅していたのでは本末転倒です。

状況に応じる事こそが試合では非常に重要です。
つまり「それなり」というわけです。

また、「それなり」を受け容れて柔軟にプレーするようになると、実はボールへの集中力が高まります。
不要な拘りや願望が無くなるからです。
その分、純粋にボールに集中しやすくなります。

「調子を上げよう」
「いつも以上のプレーをしよう」
「普段の実力を発揮しよう」

こんな思いを持っていると、本当の意味でボールには集中できず、ほとんどの場合、空回りします。
そして、「試合では実力が発揮できない・・・」となります。

ところが、そんな拘りや願望が消えて「それなり」にプレーできるようになると結果的にボールへの集中力が高まります。
その結果、自分の実力に近いパフォーマンスを発揮する可能性が高まります。

つまり、「それなり」のプレーを受け容れる事でかえって、高いパフォーマンスを発揮すり可能性が高まるわけです。
それでいて、その状況に応じてプレーする事になりますから、試合に勝つ可能性も高まります。

テニスは動きながら、ボールを操るとても難易度の高いスポーツです。
それだけに瞬時の判断力、対応力が求められます。
ボールの威力やテクニックだけで試合が勝てるほど、簡単なスポーツではありません。

その為に、まず、考え方が柔軟である必要があります。
考え方が硬く、限られているとテニス自体も柔軟性、対応力の無いテニスになります。

そこで、お伝えしたいのが「それなり」です。
先ほどもお話ししたようにプレーへのモチベーションはとても重要です。

適当に、誤魔化す為の「それなり」では上達する事はありません。
ですが、モチベーションが高いなら「それなり」の柔らかさを身につける事はとても重要です。

その柔軟性が様々な再現性を高めてくれます。
そして、それは試合の結果にも関係します。

次回の練習では「それなり」のプレーをしてみてください。
そして、その中から何か新しいヒントを掴んでみてください。

今までと違う何かを感じる事が出来るかもしれませんよ。

本日のお話しは以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む5つの間違い

「テニスって難しい・・・」
「もっと早く上達したい・・・」

もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

詳しく知りたい方はこちらから無料ダウンロード

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です