テニスに必要な時間合わせ

今日のテーマは「タイミング」です。
テニスはタイミングがとても大切です。
と言うより、タイミングが全てと言っても良いかもしれません。

例えば、ボールをラケットの真ん中でヒットするのもタイミングです。
ボールをコントロールするのもタイミングです。
ポーチに出るのもタイミングです。
ストレートを抜くのもタイミングです。

これらは全てタイミングが合えば、望む結果が出ますし、タイミングがずれれば、望む結果は出ません。
タイミングは時間です。
いくら、正しい動きをしていても時間がずれれば、違う結果が出ます。

考えてみれば当たり前の事です。
ところが、タイミングの重要性に気付いていないプレーヤーは少なくありません。
そういうプレーヤーはタイミングよりも正しい動きや正しい配球に興味があるようです。

残念ながら、タイミングの重要性に気付いていないプレーヤーは
打ち方や配球に大きな問題が無いにも関わらず、テニスは中々上達しません。

少し極端な表現をしますが、いくら理想的なスイングをしていても、
目隠しをして、ボールが行き過ぎてからスイングしたらどうなるでしょう?

当然、空振りする事になります。
つまり、タイミングは正しい打ち方よりも優先される必要があります。

また、配球に関しても同じです。
「さっきストレートが空いていた」からと言って、
相手が守ってからストレートに打っても意味がありません。

つまり、テニスは常にタイミングが重要になります。
タイミングとは言い換えれば、時間合わせです。

時間のずれがタイミングのズレを発生させます。
その為に、タイミングを合わせる為には時間を感じる必要があります。

ちなみに、タイミングを合わせる事は難しい事ではありません。
実は日常の生活でもタイミングを合わせる事は自然にしているのです。

例えば、道を歩いている時に人とすれ違うのはタイミングです。
ぶつからないようにする為には相手の動きに対して自分の動きが決まります。
車の車線変更もタイミングです。
自転車の運転も常にタイミングが必要です。

こうして考えると、実は私達は日常生活のほとんどでタイミングを合わせています。
そして、ごくまれに、タイミングがずれると肩がぶつかったり、事故を起こしたりします。
つまり、タイミングを合わせる事は特別難しい事ではないんです。

テニスの場合、テニスボールの動きや相手の動きに対応すれば良いだけです。
その為に必要な事は、頭の中を空っぽにしておく事です。
頭の中が何かに支配されているとタイミングがずれてしまいます。

例えば、何かを考えながら人混みを歩いていたらどうなるでしょう。
きっと、人にぶつかってしまいます。
ただ、前を見てれば、身体は勝手に人を交わしてくれます。

これとテニスも基本的には同じです。
ただ、頭を空っぽにして、ボールを見ていると
身体は自然とボールとのタイミングを合わせてくれます。

ところがタイミングを合わせるのが苦手な方は頭の中がいつも何かに支配されています。
それは多くの場合、正しい打ち方や理想の振り方です。

これらに支配されていると、正しい打ち方は出来るかもしれませんが、
ボールのタイミングがズレてしまいます。
その為に、「頭では分かっているのに、上手く打てない」ジレンマに陥ります。

テニスはタイミングが全てです。
頭を空っぽにしましょう。
何かに支配されないようにする事がテニスが上達する一番の秘訣です。

「シンプルイズベスト」
テニスは頭が空っぽのほうが実は早く上達する事ができるんです。

本日のお話しは以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む5つの間違い

「テニスって難しい・・・」
「もっと早く上達したい・・・」

もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

詳しく知りたい方はこちらから無料ダウンロード

               
           

シェア!

3 件のコメント

  • コメント失礼します
    いつも興味深く読ませていただいています
    ひとつわからないことがあるのですが、
    頭を空っぽにして(ボールだけに集中して)テニスをすると
    確かにミスは少なく、あたりのいいボールが打てるとは思うのですが
    試合に必要不可欠な、作戦・戦術も考えられなくなってしまうと思うのですが
    その部分はどうなりますか?
    コートに立っていないときにいろいろ学んで頭にいれておけば
    自動的に作戦が実行されるようになるものなのでしょうか?
    返信お待ちしています。よろしくお願いします!

    • いつも講読ありがとうございます。
      さて、戦術に関してですが、miyakoさんが想像されている通りです。
      事前にイメージしておけば、そのイメージが具現化されます。
      また、戦術で最も大切な事は「何をするか?」ではなく、「いつするか?」です。
      いくら正しい戦術であってもそのタイミングを間違えると意味がありません。
      そのためには「気づく」事がとても大切になります。
      この気づきの為には頭のなかは「空っぽ」である必要があるのです。
      頭の中が「自分がする事」に支配されていては、相手の事を感じる事が出来なくなります。
      その為に、タイミングを見誤るわけです。

      • 返信ありがとうございます!
        なるほど〜
        配球などでこうしたいと思ってはいてもできない時は
        ボールだけに集中できていないか、もしくはイメージにギャップがあるということですね
        その辺意識して次テニスする時試してみようと思います。
        ありがとうございました( ˊᵕˋ )

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です