強さと上手さの違い

今日のテーマは「強さと上手さの違い」です。
世の中には「上手いけれど強くない」選手がたくさんいます。
また、同時に「上手くないけれど強い」選手もいます。

強さと上手さは別の物なのです。
ところが残念ながら、「上手くなると強くなる」と勘違いしている方が非常に多いです。
確かに上手くなると強くなる可能性が高まる事は事実です。
ですが、「上手さ=強さ」ではありません。

では、強くなるには何が必要か?
最も重要なのは集中力です。
プレッシャーに強くなるのもメンタルタフネスを身につけるのも「集中力」が高まると自然と高まります。

いくら技術レベルが高くても集中力が持続しなければ、ミスが出ますし、また、プレッシャーに対応できません。
つまり、強くはなれないわけです。

逆に言えば、常に集中力を高めるような練習をする事は強さを身につけるにはとても効果的な練習と言えます。
例えば、集中力を高める練習の一つに「忘れる」練習があります。

集中力が低下する最も大きな原因は頭の中で評価、判断、分析する事です。
集中力を高める為には頭の中では何も考えない事が大切です。
思考ではなく、五感の感度が高まる状態になる事が必要になるのです。

ところが、実際には自分のプレーの評価、判断、分析しながら、プレーしてしまう事は少なくありません。
この状態ではボールへの集中力を高める事できません。
その為に、既に終わってしまった過去の自分のプレーは良かった事も悪かった事も忘れる事がとても効果的になります。
過去のプレーを覚えているとどうしても、評価、判断、分析に繋がってしまうからです。
一度、下がってしまった集中力を高めるのは簡単ではありません。
それよりも下がらないように維持する方が余程簡単です。

集中力を維持するには終わったプレーに一喜一憂しない事
そして、すぐに忘れる事。
これがとても効果的なのです。

ところが、一般的には「忘れる事」はあまり良い事とは思われていません。
「良い事は身につける為に覚える、そして、悪い事は同じミスをしない為に覚えておく」
こんな風に考えがちです。

確かに、インプレー以外ではこの考え方は必要かもしれません。
ですが、実際にボールを打っているインプレー中はこの状態は必要がありません。
ボールへの集中力が下がってしまうからです。

インプレー中は逆にすぐに忘れる事がとても重要になるのです。
過去の事を忘れる事で、「今」に集中できるからです。

強いプレーヤーは必ず、「今」に集中する事ができます。
逆に強くないプレーヤーは過去や未来がちらつきます。
この差が強さに現れます。

「今」に集中するには頭の中に過去や未来がちらついては邪魔なのです。
その為に、「終わった事はすぐに忘れる」この癖をつける練習がとても効果的になると言うわけですね。

ただ、忘れる事は口で言うほど簡単な事ではありません。
気になる事は、忘れようと思ってもついつい気になってしまうのが人間と言う物です。
ですから、普段から、インプレー中は忘れる練習をする事が必要になります。

インプレー中には「今」以外の事を忘れる事が上手になればなるほど、強さに繋がります。
ぜひ、トライしてくださいね。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です