相手と打ち合う覚悟

今日のテーマは「打ち合う」です。
とても当たり前の事ですが、テニスは相手とボールを打ち合うスポーツです。

ですが、相手と打ち合う事を避けてしまう事があります。
これは要注意です。

自分が相手に打ち勝てる自信があれば、無理をしてボールを配球する必要がありません。
ですが、打ち勝てる自信がなければ、どうしても、いない場所や難しい場所にボールを打とうとしてしまいます。

もちろん、ボールを配球、展開する事自体が悪い事ではありません。
ですが、それが逃げの気持ちから生まれる配球であれば、それは大きな問題です。

もっとも、安全で安定する勝ち方は相手としっかりと打ち合って勝つ事です。
相手よりも安定性が上回っていれば、何も無理をする必要はありません。

ただ、打ち合えば良いわけです。
ですが、自分のほうが不安定であれば、精神的に落ち着いてラリーする事が出来ません。
ですから、どうしても、無理をして先に仕掛ける事になります。

その結果、いつも脆い試合しか出来ないわけです。
これでは、本当の強さを身につける事が出来ません。

人のいない場所にボールをコントロールする練習をする事はとても大切です。
最後はとどめを刺す必要があります。

その時に、ウィナーが取れなくては困ります。
ですから、チャンスボールを決める練習はしっかりとしておきましょう。

ですが、それだけでは不十分です。
それ以上に相手と打ち合って、打ち勝つ練習をしておきましょう。

相手がミスをするより先に自分は絶対にミスをしないようにします。
相手よりも一球多く返球する事を徹底的に練習するのです。

ボールの威力で打ち勝っても構いません。
相手よりも安定性が優っていても構いません。

とにかく、自分のほうが先にミスをしないように打ち合って勝てるように練習しておきます。
打ち合って勝つ自信が出来れば、無理な配球や展開に逃げる事がなくなります。

それどころか、相手が逆に逃げてくれます。
そうして、無理な配球をし、自滅してくれます。

試合は相手が自滅してくれるのが最も簡単な勝ち方です。
こちらはただ、打ち合っているだけなのに、相手が勝手にミスをしてくれるほど楽な事はありません。

ですが、逆に自分は絶対に自滅してはいけません。
とにかく、自分はミスをしないようにプレーをします。

最悪、相手にポイントを取られたとしても、必ずウィナーを相手に打たせるようにします。
どんなに簡単なボールでも構わないのです。

自分からは絶対にミスをしないようにします。
こうしてプレーする事が相手に大きなプレッシャーを与える事になります。

そんな試合をする為には相手と打ち合う事を日頃から練習しておく必要があります。

相手のいない場所にボールを打ちこむ事が出来れば、一見とても上手に思うかもしれません。
ですが、それは本当に上手なわけではないのです。

本当に上手なプレーヤーは無理にエースを狙いに行く事はありません。
相手としっかりと打ち合う事が出来る物です。

「相手と打ち合う」
とても当たり前の事ですが、案外、忘れがちになる物です。

注意して練習してくださいね。

本日のお話しは以上です。
いつも長文お読みいただきありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です