テニスが上達する環境とは?

今日はテニスが上達する環境についてお話ししようと思います。

テニスの環境には上達する環境と、上達しない環境があります。
これは本人の努力の問題ではありません。

いくら努力しても伸びない環境ではその努力に報われる事はありません。
逆に伸びる環境では自分の努力に応じた分、上達していくことができます。

では伸びない環境とは一体どんな環境か?

それは短所を矯正する環境です。
一見短所を改善していく事は上達に結びつきそうですが、実は上達には適していません。

上達に適しているのは長所を伸ばす環境です。
理由はとても簡単。

短所を改善するとほとんどの場合、集中力が低下するから。
逆に長所を伸ばしていくと集中力が上がりやすいからです。

ところが、残念な事にほとんどが短所を改善する環境です。

「今のは、こうなったから、こうしましょう!」
「この時はこんな風にしましょう!」
「ストロークはこうです!」
「こんな時はこんな事に注意しましょう!」

こんな感じだと思います。

でも、これって実は簡単に言えば、「今は間違っているから(出来ていないから)、正しくできるようになりましょう」って事ですよね。

つまり、現状を否定している事になります。
実はこのような環境で練習してもなかなか上達には結びつきません。

頭では理解できますが、なかなか身には付かないんですね。
でも、逆に長所を伸ばしていくと、知らない間に身についていくんです。

テニスって結局、感覚でプレーするものです。
ですから、無意識に自然にプレーできるようにならないと上達には結びつきません。

例えば、歩くように。
またはお箸を使うように。

こんな風に無意識にプレーできるようになるには、まず、現状を認めること。
つまり、それは今のままで大丈夫だと言うこと。

今が間違っているわけじゃないんです。
ただ、まだ成長の過程だと言うことです。

出来ない=間違っている
ではないんです。

そのままで大丈夫。
今のまま集中して練習すれば必ず、自分のイメージに近づいていきます。

伸びる為には、こんな風な環境がとっても大事なんですね。

ちなみに、これってまず、自分自身がそんな風に思わないとダメですよ。
自分の感性や感覚に自信を持ってくださいね。

周りはどうしても否定的な環境が多いと思います。
でも、そんな雑音に負けないで自分に自信を持ってください。

出来ないのは間違っているからじゃありません。
ただ、成長している過程なだけ。

間違いを正そうとするからかえって迷子になっちゃうんです。
焦りは禁物。

落ち着いて、ただ、ボールに集中する。
これが実は最短の道であり、またあなたの本当の能力を伸ばす唯一の道です(・∀・)b

自信を持ってくださいね。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です