継続する事がテニスが上達する唯一の方法

今回のテーマは「継続」です。
テニスに限らず、進化成長するには継続する事はとても大切な事です。

「継続は力なり」と言いますが、まさにその通りです。
どんな事でも一朝一夕で結果が出ることはありません。

これはテニスも同じことです。
継続することでしか得られない物がたくさんあります。

例えば、続けて1000回ラリーする。
ミスをしないで継続してラリーする事でしか得られない感覚があるのです。

継続する事は上達するには絶対条件と言っても良いでしょう。

ところが、残念な事に「継続する」について勘違いする事があります。
それは「継続する事」その物を目的にしてしまっている場合です。

継続する事自体は本来目的ではありません。
何かの目的があり、それを達成させる為に継続するのです。

その目的を忘れて、ただ、継続する事は惰性の要素が強くなります。
この状態は決して効率が良い状態とは言えません。

例えば、1000回のラリー。
目的は1000回ラリーを続ける事ではありません。

ボールに集中する時間を継続することで体が自動的に動き、
ボールの質を向上させる事が1番の目的です。

もちろん、初期の段階では1000回続ける事が目標にはなります。
ですが、それはあくまでも最初だけです。

本来は1000回続ける事は目的ではありません。
ところが間違えると「継続すること」が目的になってしまうんですね。

実はこのような間違いは多くのケースで見られます。
「継続する」とは目的を達成する為に必要な事を淡々と続ける事です。

ですから、本来の目的を忘れてしまってはいけないんですね。

あなたの目的や目標は何ですか?

その目的や目標を達成させるには必ず継続が必要になります。
ですが、継続する事を勘違いしないでくださいね。

継続する事は目的ではありません。
あくまでも方法論の1つです。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です