フィーリングテニス 実践DVD メンタルトレーニング編 感想 その4

メンタルトレーニングDVDの感想をいただいたのでご紹介しますね。

「戸村コーチ、いつもありがとうございます!
DVD、早速観させていただきました。

今回のDVDは「フィーリングテニスの全てが詰まってる」と言ってもいいぐらいの力作ですね!
2枚組の長編で、フィーリングテニスのメソッドについて今までよりも深く説明されていて…

フィーリングテニスに出会ってから4年経ってる僕でも、まだまだ理解が足りなかったと痛感させられました。

小脳と大脳のメカニズムの違い…これをすっかり忘れていました。
その為にイメージを変えないという事。
そしてその為の「(ターゲット練習の時に)ボールをバウンド後も見続ける」と言う事。

クリニックとかで、いつもコーチに「ボールを見続ける」って言われて、その時には無心にできているんですけど…

その理由が抜けてしまっていた為に、フィーリングテニス以外の環境で練習している時には「ボールを見続ける」という言葉が強く残ってしまっていて、「ボールを見続ける」事が目的になってしまい、モヤッとしてました。

そのモヤッと感を払拭する為に、快感を手に入れようと成功体験を欲するようになり、いつの間にかショットに対する成否判定をするようになっていたような気がします。
その成否判定がプレッシャーの原因にもなってるんですよね。

集中持続力の向上については自分でも必要性を感じていたし、取り組んでもいたのですが…やはり成否が気になっていたのか、ミスすると一度集中を切らしてしまってたような気がします。

ミスしても結果を気にせずに続ける事で、集中状態をある程度キープしながら持続力の向上を計れるのだと理解できてよかったです!

自分の試合とかを思い返してみると、やはり試合終盤にパフォーマンスが落ちてくる事が多く、逆転負けを喫する事が多々あるのですが…

どのように改善していくのかがはっきり見えてきてよかったです!
これを機に、いっそうテニスを楽しんでいけると思います。
ありがとうございました! 」

さて、ここでヒントにしていただきたいのはこの部分。
「ボールを見続ける」事が目的になってしまい、モヤッとしてました。」

ボールを観続ける事は目的ではありません。
もちろん、最初は観る事をしっかりと練習する必要があります。

でもそれはあくまでも方法論です。
本質はそこではありません。

これを勘違いすると「ボールを観ているのに上手くできない。。」となります。
実際に時々、このような質問をいただきます。

でも、聞いてみるとそのほとんどがやはり、ボールを観る事が目的になってしまっているんですね。
なので「ボールを観ているのに上手くできない」「ボールは良く観えているのにミスをする」
こんな状態になるのです。

もし、こんな状態になっているなら、ぜひ、このメンタルトレーニング編を参考にしてみてくださいね。

さて、続いてはこちら

「戸村コーチ、お世話になっております。
フィーリングテニス メンタルトレーニング編DVD、拝見しました。

脳の仕組みと集中力の関係、プレッシャーの正体といった多くのプレイヤーが悩むであろうことの解決法を、複雑にせず明快に教えてくれて毎度のことながら、改めてすごいな~と感心しています。

ボールへの意識の集め方と、集めた意識を持続させる方法を観てから、久しぶりにテニスをしたところ、すこぶる調子が良くて自分も周りの仲間も驚きました。

頭で理解するより、もっと深いところが変わっていくのがフィーリングテニスなのかな?と、わかったようなつもりでいます(笑)

きっと、観るたびに色々な発見があり、
これから先、何度も何度もお世話になるDVDだと思います。」

さて、ここでお伝えしたいのはこの部分。

「ボールへの意識の集め方と、集めた意識を持続させる方法を観てから、
久しぶりにテニスをしたところ、すこぶる調子が良くて自分も周りの仲間も驚きました。」

テニスはコートで練習しなくても上達します。
逆にいくらコートで練習しても上達しないケースもあります(キッパリ)

伸び悩んでいる方は、まず、ここに気がついてほしいんです。
上達するには上達する為の条件があるんです。

それは脳の能力を発揮する条件と言っても良いかもしれません。
この条件を満たしてやればテニスは上達するし、満たしていなければ、上達は止まります。

そして、その条件を満たすには??
別にコートでなくてもできます。

逆にコートでないほうが良く解る事がたくさんあります。
でも、伸び悩んでいるプレーヤーの中には「闇雲にとにかく、練習量を増やす」方がいます。

これってかなり残念です。
というより、もったいない。

もちろん、練習の量が多いほうが上達する可能性が高まるのは事実です。
という事は上達する条件を先に満たすようにしてやれば、その練習が身になります。

練習量は人一倍多いのにテニスの伸び率は。。。
こんな方結構多いです。

でも、フィーリングテニスに興味を持っていただいた方にはそんな風にはなってほしくないんです。
努力しても、望む結果が出なければ凹みます。
自分に対しても自信なくなってきます。

でも、大丈夫です。
単にそれは上達する為の条件を満たしていないだけ。

上達する為に大切な事を共有して、ぜひ、みんなで幸せなテニスプレーヤーになりましょう(・∀・)b

では、本日は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です