私達の可能性

先日、こんなお便りをいただきました。
とっても興味深いのでご紹介しますね。

「メンタルトレーニング編DVDのセミナー編冒頭に「脳力」の可能性が無限大であるとのコメントがありましたが、その実体験をシェアしたいと思います。

休日の活動として、私はテニスの他に「笑いヨガ」のリーダーをしています。
高齢者向けに笑いヨガをしてほしいとの依頼があり、ある集会場で笑いヨガを行ったのですが、進行役の時間配分違いから急遽30分延長してほしいとの依頼がありました。

笑いヨガへの関心度がイマイチに感じられたでの、Feelinng Tennisで習ったボールキャッチワーク(詳しくはDVDのストローク編参照)を思い切って行ってみました。

集中力をキーワードにして簡単な説明をしてから、戸村コーチになった気持ちでボールキャッチワークを順次行ってみるとどうでしょう。

さっきまで、まさに老人という印象の方たちが、目を見張るスピードでボールをキャッチします。
キャッチできなくても、床を転がるボールを軽快なステップで拾いに行かれます。

杖をつかれ、椅子に座ったままの方も自然と身体が動いちゃいます。
集会に来たお孫さんたちと遊び感覚で実践できることが、拍車をかけて更に楽しそうです。
「ボールに夢中」→「楽しい」の雰囲気が一気に広がり、場の空気が一変しました。

こんなことがあるのか!、私の実感です。
戸村コートが伝えてくださることが、いかに完成度が高いのか実感させられました。

見よう見まねで行っても結果が出る、これってスゴいです!
更にパフォーマンスアップに年齢は関係ない、目からウロコです!!

正しい順序で誘導されれば、誰でも何時でもパフォーマンスアップする、確信しました。
スゴいですね。

機会があればもっと多くの方たちに体験してもらって、自分の可能性にわくわくしてほしいなと思いました。」

私達の持っている能力が年齢に関係なく、発揮される可能性がある事がお分かりいただけたのではないでしょうか。
集中の世界って本当に無限の可能性がありますね。

もちろん、あなたの可能性も無限です(・∀・)b
自信持ってくださいね。

本日は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です