パワーボールを打つには?

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

最近のテニスの調子はいかがですか?
楽しくプレーできていますか?
テニスが上達する1番の秘訣はなんと言っても楽しくプレーする事です。
これに勝る秘訣はありませんよ(・∀・)b

さて、それでは今日のお話です。
今日は実際にレッスンをしていて感じた事についてお話したいと思います。

昨日は女性ばかりのクラス。
レベルは全国レディースのA級にエントリーする方たち。
かなりのレベルです。

その彼女達の変化について。
彼女達には最近、プレーのパワーアップを課題にしています。

パワーアップと言っても、まさか筋力トレーニングやランニングなんて事はしませんよ。
パワーアップと言うと、すぐに体力トレーニングで何とかしようとする事がありますが、フィーリングテニスではそんな事はしません。
イメージと感覚を磨く事でパワーアップを実現します。

ちなみに彼女たちにパワーアップを目指してもらう目的は底上げです。
持てるパワーの全てを使うわけではなく、持っているパワーの余力を残しながらプレーする。
それによってプレーの全体に余裕が出来て、質をあげる事ができます。
その為のパワーアップです。

具体的に何をしているか?
身体のイメージを変える為の練習です。
いろんなドリルの中でこれまで「当たり前」になっていた事とは違う「経験」をしていただきます。
道具なども使いながら。

人間は良しも悪しもそれまでの経験から既成概念を持ちます。
この既成概念が自分を作っていきます。

例えば、いつも、100kmのボールを打っている人は「自分は100kmのボールをしか打てないだろう」と潜在的に思っています。
頭では「もっと速いボールを打ちたい!」と思っていても、です。

ステージを上げるにはこのイメージを変える必要があります。
そうするとどうなるか?
身体自身が「あれ、こんなボールも打てるの?」となります。
結果、イメージが変わり始めます。
後は、これが当たり前になるわけですね。

さて、話を本題に戻します。
昨日、彼女達にはある物を使ってストロークの練習をしていただきました。
ある物は企業秘密( ̄ー ̄)ニヤリ

時間にして、3分×3回=9分
結果、どうなったか?

いきなりパワーアップです。
彼女達曰く。
「振り切るのが楽しい♪」
「ボールが軽い」
「追い込まれても深く打てる」等など
それも全く力を入れている感覚もないまま( ̄ー ̄)ニヤリ

さて、ここで私がお伝えしたい事。
それは変化するために必要な事は時間ではないと言う事。

逆に言うと、変わらない事はいくら繰り返しても変わらないと言う事です。
「続けていれば、変わっていくだろう」
確かに変わる事もあります。
でも、それは続けているうちに変化するためのヒントを掴んだから。

つまり、ヒントがあれば瞬間で変わるわけです。
そして続けてもヒントが見つからなければ変わらない。。

私達の身体は誰でも無限の可能性を秘めています。
その可能性を引き出すにはヒントがいるんですね。

もちろん、私もまだまだ解らない事だらけ。
そのヒントを見つけた時、テニスコーチとしては、たまらなく嬉しい瞬間です。

今日のお話もそのうちの一つですね。
これからも研究続けます( ̄ー ̄)ニヤリ

今日のお話は以上です。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス

戸村基貴

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む5つの間違い

「テニスって難しい・・・」
「もっと早く上達したい・・・」

もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

詳しく知りたい方はこちらから無料ダウンロード

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です