なぜ、テニスは伸び悩むのか?

テニスは一生懸命練習したからと言って必ず上達すると言う物ではありません。
練習しても、練習しても伸び悩む時があります。
決して、練習量に比例して上達するわけではないのです。

では、どうして?
テニスには伸び悩む時期があるのか?
実はテニスが伸び悩む原因には大きく二つあります。

一つは間違ったイメージ(イメージが足りない)で練習する事。
そして、もう一つは必要な経験(練習)をしていない事です。

伸び悩んでいるプレーヤーは必ずどちらか、またはその両方の問題を持っています。
逆に言えば、正しいイメージで必要な練習をすれば、誰もが必ず上達する事ができます。

本来、人間の脳はイメージして、経験すれば、その経験に伴って、新しい記憶や回路を作り、身体はその動きを実現するようにできています。
つまり、誰もが無限に上達する可能性を持っています。

ところが、現実にはそうではありません。
その理由は上達する為の条件を満たしていないからです。
その条件が「正しいイメージ」と「必要な経験(練習)」なのです。

ところが残念な事にレベルに応じた「正しいイメージ」と「必要な経験(練習)」を実践できるプレーヤーは非常に少ないです。

例えば、テニススクールに通ってもこの問題はほとんど解決しません。
実際に通っている方はよくわかると思います。

同じようなアドバイスと同じような練習を毎回繰り返します。
基本的に「それが出来るまで練習を繰り返す」と言う考え方で毎回の練習が進んでいきます。
増してや、サークルやクラブで練習していれば、尚更でしょう。

残念ながら、これでは伸び悩むのは当然の事なのです。
同じアドバイスで同じように練習していたのでは「正しいイメージ」と「必要な経験(練習)」を実践する事は出来ないからです。

伸び悩んでいると言う事は今、実践している練習では「正しいイメージを作る事はできない(足りないピースを埋める事ができない)」「必要な経験ができてない」と言う事なのですから。

私は指導している生徒たちから「昨日言っていた事と今日は違う」と言って良く叱られます(笑)
それはそうです、私自身がいつも違う表現をするように意識しているからです。

もちろん、伝えたい根幹が変わっているわけではないのです。
ですが、その根幹を伝える表現や方法はできるだけいろいろな角度から伝え、経験してもらうように意識しています。
理由は伝える表現を変えたり、体験する内容を変える事で、イメージする事や感じ方が変わるからです。
こうして、イメージや経験を常に変化させる事で、昨日と違う「何か」を掴む可能性が高まります。
これが上達に繋がるのです。

ですから、私にとって「昨日言っていた事と今日は違う」と言って生徒さんたちに叱られる事は狙い通りなのです(笑)

ですが、残念ながら、プレーヤーのほとんどは「正しい事」を一つ目指して練習をしているようです。
その為に、表現や練習方法が変わると「言っている事がいつも違う」と感じるのでしょう。

同じ事の繰り返しになりますが、「短期間に上達する」「伸び悩みを解消する」為にはできるだけ、いろいろな表現のアドバイス、また、練習方法を体験してほしいと思います。
同じアドバイス、同じ練習方法ではすぐに限界がやってきます。

先日、フィーリングテニス ザ・ムービーのご紹介をしましたが、実はこのサイトの中には非常にたくさんの動画を詰め込んでいます。

基本的なテクニックから応用テクニックやドリルまで、様々な角度からのアドバイスと練習方法を紹介しています。
その理由は「正しいイメージ」を持ってもらい「必要な経験(練習)」を実践していただきたいからです。
それぞれの動画の中にはあなたが今まで聞いた事が無い(イメージに無かった)アドバイスやポイントが必ず存在します。
ぜひ、参考にしていただいてあなたのテニスの伸び悩みを解消していただきたいと思います。

ちなみに、あなたは今、どんな事が気になっていますか?
フォアハンドストロークですか?
それとも、フォアボレーですか?
または、試合で感じるプレッシャーですか?

きっと何か、気になる事や悩みを抱えている事だと思います。
「フィーリングテニス ザ・ムービー」のカテゴリの中からあなたの悩みに関係する動画をチェックしてみてください。
その動画の中に今のあなたの伸び悩みを解消するヒントがきっと紹介されていると思います。
ぜひ、上手く活用してほしいと思います。

テニスはちょっとした、ヒントや練習のおかげである日、突然上達する事が少なくありません。
あれほど、上手くできずに悩んでいたのが嘘のように突然できるようになるのです。
私自身も幾度となく、そんな経験をしてきました。
上達する時は本当に瞬間なのです。

その理由は「間違っていたイメージが修正された(足りないピースが埋まった)」そして「必要な経験(練習)を実践した」
この二つです。

逆に言えば、この二つがなければ、テニスはほとんど変わる事が無いのです。
ほとんどの一流プロ選手が一流プロコーチを一定期間で契約を解除してコーチを変えますよね。
これも全く同じ理由からです。
同じ事を同じように繰り返してはテニスは必ず伸び悩むのです。

フィーリングテニス・ザ・ムービーはそんな悩みを解消するサイトでありたいと思っています。
ぜひ、上手く活用してくださいね。

フィーリングテニス ザ・ムービー

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です