テニスは時間管理で進化する

今回のテーマは「時間管理」です。

前回、目に見えない物の大切さについてお話させていただきましたが、時間も目に見えませんね。

でも、確実に存在します。
そして、非常に大切な物です。

と言うより、全ての結果には必ず、時間が関係しています。
「タイミング」や「間」と言っても良いかもしれません。

いくら正しいと思われる事でも、時間、間、タイミングがずれていれば、結果はでません。
逆にタイミングが合っていれば、それは自分がイメージした事を実現する原因になります。

ビジネスの世界でも良く言われます。
「二歩先では成功しない」「一歩先が丁度よい」
もちろん、遅れる事はもっての他です。

これはテニスも同じ、全ての原因は時間にあります。

ところが、残念な事に世の中の常識ではこの考え方ではありません。
「何をするべきか?」

ここに焦点が当てられています。

どんな振り方をすると良いか?
どんな使い方をすると良いか?
どこに打てば良いか?
・・・・・・・・

これらには時間の概念がありません。
なので、残念ですが、いくら実践してもイメージした事は起こりません。

では、「時間」「間」「タイミング」が意図されるとどうなるか?
「いつ?」これに焦点が合ってきます。

その結果、「間」やタイミングを計るようになります。
そして、それを合わせる事ができるようになります。

そうなれば後は簡単、自動的に何をすれば良いかも解ってきます。
そして、これができるようになります。

いかがでしょう?
時間の大切さが伝わったでしょうか?

いつも、長文お読みいただいて本当にありがとうございます。
今後とも応援よろしくお願いします。

Feeling Tennis
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

2 件のコメント

  • おばんどす(^^;;;、とーちゃんどす。
    今日のテニスで、これ、実感しました。
    例えば、リターンです。
    結果は、返っていました。自分が理想とする(イメージしたのと違う)ボールでしたが…。
    それでも、相手は、足元のボールをミスしたり、浮かせたり…。
    その浮かせたボールをペアが決め損なったりもありましたけど(^^;;;。
    フィーリングテニスの原点は、テニスの王子様で言っていた『無の境地』だとも、思っています。
    ちょっと若い頃の、とーちゃんが言っていた、ミスした時に『邪念が入った!』と言っていたことと、相通じるものがあるかも知れませんね。

    では、また。

    • そうですね、フィーリングテニスではボールへの集中力を上げる事を根幹にしています。いくら高いレベルのテクニックを身に着けても、ボールへの集中力が下がるとボールと時間を合わせる事ができないので、結局ミスしてしまうんですね。
      テクニックレベルを上げる事と同時にボールへの集中力を上げる、その二つのバランスが取れている時にのみ、レベルの高いボールをミスする事無く打つ事ができるようになるんです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です