プレッシャーに強いテニスプレーヤーになる為に

今回はプレッシャーに強いテニスプレーヤーになる為のポイントです。
ちなみにあなたは「メンタルが強いプレーヤー」と聞くとどんなプレーヤーを想像しますか?

ピンチになっても強気で、プレッシャーに負ける事がないプレーヤーを想像するのではないでしょうか?
確かにメンタルが強いプレーヤーにはこういう一面もあります。

ですが、実はそれはあくまでも結果であり、この事を意識してもそんなプレーヤーになれる訳ではないのです。

例えば。
「強気でプレーする」
「プレッシャーに負けないようにする」
「ポジティブにプレーする」
「プレッシャーを感じないようにする」

このような事を練習しても実はメンタルは強くならないんです。
なぜなら、先程も言ったようにこれらは結果だからです。

結果には必ず原因が存在します。
ある原因や要因がその結果を引き起こすわけです。

望む結果を出すにはその為の原因が存在しないといけません。
つまり、「強気でプレーする」為にはその為の原因を手に入れないといけないわけです。
逆に言えば、その原因を手に入れたら、後は自然と望む結果が出ます。

では、メンタルが強くなる為の原因とは何か?
その1つが「受け流す」事なのです。

テニスのプレー中は自分がどれだけ一生懸命プレーしても、自分が望まない結果が少なからず出てきます。
努力したからといって、決して自分の思い通りの結果を手に入れる事はできないのです。
特に相手のレベルが高くなれば、さらにこの傾向は増すことになります。

まずはこの事を深く理解する必要があります。
でなければ、結果に対して必要以上に反応し、結局は常にメンタルが不安定になります。

そもそも、人間のメンタルとは不安定な物です。
状況によって、揺れ動く物です。

それは感情にとても良く似ています。
と言うよりも「感情と密接に結びついている」と言ったほうが良いかもしれません。

人間の感情はいつも同じではありません。
必ず、変わる物です。
それと同じようにメンタルも動く物なのです。

その為に、メンタルを強くするには「強靭さ」を求めるのではなく、「安定」させる事が必要になります。
安定して揺れ動かない状態になると結果的に「強気でプレーする」「プレッシャーに負けない」
こんな状態になるわけですね。

その為には起こった出来事を「受け流す」事がとても大切になります。
先程も言ったように、自分の努力に関わらず、結果は必ず、良い事も、悪い事も両方起こるのです。
にも関わらず、望む結果や理想の結果ばかりを求めては結局、メンタルが揺れ動き、自分で自分を崩してしまいます。

正しい結果や理想の結果を追い続ける事は一見、上昇志向があり、とても大切な事に思うかもしれません。
ですが、実はそうとは言い切れないんです。

これは私の勝手な想像ですが、現代人は昔の人に比べてメンタルが弱くなっていると思います。
それは社会全体が「正しい結果」や「理想の結果」を追い求めすぎているからです。

学校でも会社でも、間違いや失敗が許されず、常に「正しい結果」や「理想の結果」を出す事を求められます。
その結果、意識は常に結果に集中します。

ところが、結果は自分の努力の大きさに関わらず、良い事もあれば、そうではない時もあります。
にも関わらず、常に良い結果に意識が集中する訳ですから、メンタルが常に不安定、つまり、弱いわけです。

これは今の現代社会が抱えている大きな問題だと思います。
うつ病や自殺の問題なども少なからず、この背景が関係しているでしょう。

さて、話を元に戻しますが、テニスのメンタルタフネスを手に入れるには結果を「受け流す」練習をする事がとても効果的です。

ですが、結果を「受け流す」事は口で言うほど、簡単ではありません。
求める結果をイメージして練習するにも関わらず、実際に起こった結果にはこだわらず、受け流すのです。

「本当はこんな結果を出したかったんだけど、そんな時もあるよね♪」と受け流すわけです。
自分の心に余裕がないとなかなかできない事です。

緊張し、心に余裕が無くなってくると「受け流す」事もより難しくなります。
ですが、竸った試合では当然、緊張度が増し、心にも余裕が無くなります。

それだけ、メンタルタフネスの差が出てきます。
その事を意図して普段から練習しておく必要があるのです。

「受け流す」事が上手になれば、それだけ、メンタルが安定します。
メンタルが安定すれば、テニスのパフォーマンス自体も安定します。

つまり、試合に強くなるのです。
起こった出来事を上手く受け流す練習をしてみてください。

ちなみにこれは日常の生活でも同じ事が言えますし、また、とても役にたちますよ。
ぜひ、試してみてくださいね。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいた本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です