自分を知る事がテニスを上達させる

今回は「自分を知る」についてお話したいと思います。

実はテニスが伸び悩む理由に「自分がわかっていない」という事があります。
自分って自分が思っている以上にわからないものです。

わからない物はコントロールできないですよね。
それがテニスの上達を阻害する要因になるんです。

多くのプレーヤーは「~しよう」と意識はします。
でも、それを意識したからと言ってそのとおり出来ているかは全くの別です。

「~しよう」とする意識と「現実」は全くの別の物です。
つまり、「~しよう」と意識して練習しても結果が出るとは限らないという事です。

それよりもまず、するべき事は「自分を知る」事です。
例えば、「ボールを観る」

フィーリングテニスでは集中状態に入る入口として「ボールの見方」を繰り返し指導します。
この方法は非常に効果が高く、上手く身に付ける事ができれば急激に上達する事ができます。

ところが、同じようにこの「ボールの見方」を指導しても、結果が出ない方もいます。
その違いは「自分がどれぐらいわかっているか」ここから生まれてくるように思います。

先ほどお話したように「ボールを観よう」と思っても、現実にボールを観ているのか?は別問題。

いくら「ボールを観よう」と意識しても、現実は別の物を観ていることは多々ある事なのです。

ところが、自分が分かっていない方はこの違いに気付く事ができません。
自分は「ボールを観よう」と意識しているから
「ボールは観えている」と思ってしまうわけですね。

ここに大きなギャップがあります。

では自分がわかっている人はどうか?

自分は「ボールを観ようとしている」
けれども「実際には相手の振り方を観てしまっている」

この事に気付く事ができます。

つまり、自分の意識(ボールを観よう)と現実(振り方を観ている)
が違うことがわかるわけです。

こういう人は違いがわかっているので
自分をコントロールすることができます。

ところが、この事に気がつく事ができない人。
残念ながらこの人はそのままボールの見方を身に付けことができないまま進みます。

もちろん、結果も変わりません。
努力しているにも関わらずです。

ですから、「~しよう」と意識して練習する前に、まず、「自分が何をしているのか?」この事を「感じる」「知る」事が大切になるわけですね。

「内観」とも言えるかもしれません。
「自分を知る」事は簡単なようで簡単ではありません。

だからこそ、自分を知る為の練習やトレーニングが自分を成長させてくれるんですね。

ただ、現実にはどうやったら自分を知る事ができるか?
これがなかなかわからないんです。

自分がわからない人にとってはそれが「当たり前」ですからね。
「当たり前」以外の世界を知る事は容易ではありません。

全員が日本人の中では自分が日本人である事を知る事は難しいです。
当たり前ですから。

でも、外国に行けば自分が日本人であることはすぐにわかります。
違いに気がつくことができるからです。

これと同じですね。

ちなみにフィーリングテニスのDVDではその違いに気がつく為のドリルやアドバイスを紹介しています。

言い換えれば「自分を知る」為のトレーニングとも言えます。
ですから、このDVDを見て、自分を知るヒントが見つかれば、テニスは自動的に上達します。

なので、DVDを見るだけで上達する事が可能なんですね。

お持ちの方はそんな観点でもう一度ご覧ください。
きっと新しいヒントが見つかるはずです。

まだ、お持ちでない方はぜひ、一度ご覧ください。
特におすすめはストローク編です。

一番大切な基本をご紹介しています。
あなたがこれまで聞いた事も見た事もない練習方法が紹介されています。

良かったら参考にしてみてくださいね。

本日は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です