テニスの集中力は継続する事で鍛える

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

今日は「継続」について。

「継続は力なり」
誰もが聞いた事があると思います。

今日はこの事について違った角度からお話したいと思います。
先日こんなメールをいただきました。

「ボール積みや集中力のトレーニングをすると脳が疲れる感じがします。」
「これは方法が間違っているのでしょうか?」

さて、結論。
「いいえ、間違っていません(・∀・)b」
「それが自然な状態です♪」

原因は緊張集中の状態だからです。
集中にもレベルがあって、始まりは大体「緊張集中」です。

その後、集中にも慣れてきてリラックス集中の状態に入ります。
実はこの集中の方がパフォーマンスが高くなり、そして、疲れる事も少なくなってきます。

「集中すると疲れる。。。」
と言う方は緊張集中の状態だということですね。

例えば、好きな趣味などで「いつまでもしていられる♪」
なんて事はリラックス集中の状態である可能性が高いわけです。

さて、では、リラックス集中になる為には?
「リラックスしようと意識する?」

これがそうではないんですね。
例え正しい事でも意識すると緊張状態になります。

そこで、大切な事が「継続」と言うわけです。
とにかく、「続ける」これが一番効果的です。

「上手く集中できたか?」
「これがリラックス集中なのか?」

そんな事はどうでも良く、考える必要はありません。
ただ、「集中しよう♪」と思ったら、それでOK(・∀・)b

後はとにかく、そのルーティンをとにかく継続する事です。
最初は集中すると疲れるでしょう。

でも、そのうちにだんだん慣れてきて、力の抜き所を脳が学習し始めるのです。
そうすると、自然とリラックス集中の状態を体験し始めます。

私は常々「磨く」という感覚が大事だよ~♪といいますが、
集中も同じですね。

集中の感覚も磨く事が大切。
つまり、継続する事です。

ダイヤモンドは同じ事を繰り返し、その先で始めて光り輝くのです。
これは私達人間も同じ。

繰り返し、繰り返し、磨く事で、「( ̄ー ̄ ☆キラーン」と光り輝く集中力を手に入れる事ができます。
私も今、いろいろ磨いている最中です。

あなたもご一緒にいかがですか?(・∀・)b
さて、本日のお話は以上です。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です