強くなる為に必要なミスの捉え方

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

さて、今日のお話はミスについて。
ミスの捉え方を間違えると努力は空回りします。

なぜなら、ミスが集中力を妨げるからです。
そういう意味でもミスの捉え方を学ぶ事は非常に大切です。

では、まず、結論をお話します。

ミスは忘れてください。
ミスに慣れてください。

一般的には「ミスする原因が解らないから同じミスをする」
「ミスを覚えておかないから、また同じミスをする」
こう指導される事が多いです。

でも、実はこれ、脳の仕組みから分析すると全くの間違い。
ミスは忘れなければいけません。
そして、ミスを気にしないように、ミスに慣れてしまわないといけません。

ではその理由を簡単に説明しますので、興味のある方はDVD(特にメンタルトレーニングセット)で実践してみてください

まず、あなたの能力を伸ばす為に一番大切な事、それは何か?
答えは集中状態に入ることです。
これは絶対条件です。

では、集中状態を妨げる原因は何か?
思考、分析、判断などのセルフトークです。
この時、脳はβ波状態になり、いくら努力しても吸収力の低い状態になります。

さて、それでは、ミスの話に戻ります。
ミスをした後、β波になるか?それともα波になるか?
これがあなたの能力を活かすか?それとも殺すか?の分かれ道。

いかがでしょう?
「ミスを忘れろ」「ミスに慣れろ」と言った意味はお分かりになるでしょうか?
ミスを意識する、ミスを分析する、ミスの原因を探る、ミスの原因を覚える・・・・
これらは全て脳の状態をβ波にする原因になります。
ですから、忘れた方が良いのです。

でも、誰でも、ミスをすると気になるものです。
だからこそ、練習が必要なんです。

さて、明日からのテニス、あなたはどうしますか?
常識的に「ミスの原因を探って、ミスらないように意識する」ようにしますか?
それとも、「ミスを忘れる」ようにしますか?

どちらが楽しく上達するか?
実験してみてください( ̄ー ̄)ニヤリ

本日のお話は以上です。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス

戸村基貴

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む5つの間違い

「テニスって難しい・・・」
「もっと早く上達したい・・・」

もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

詳しく知りたい方はこちらから無料ダウンロード

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です