自分のミス?それとも相手のナイスショット?

今日のテーマは「ナイスショット♪」の考え方について。

実は先日練習をしていると・・・
両サイドのコートでとても対照的な事がありました。

右側のコートで練習している人達から聞こえてくる声は「ごめんね・・」
それに対して左側のコートの人達から聞こえてくる声は「ナイスショット!」

いかがです?
とても対照的ですよね。

どちらもミスしている事には変わりがありません。
ところが、方や、ミスした事に対して「ごめんなさい・・」
方やミスをさせた相手に「ナイスショット!」

面白いですよね。
現象は同じなのに捉え方が全くの正反対です。

では、どちらがより能力を伸ばす捉え方か?

結論を言います。
能力を伸ばす捉え方は後者です。

「ナイスショット!」と相手を称えるほうが伸びるんです。

ではその理由。
簡単に言うと、後者の方が自分にストレスを貯めないからです。

潜在能力を発揮するには脳が集中状態になる事が必要条件です。
ところが、ストレスがあると脳は集中力が下がります。
つまり、ストレスはできるだけ無いほうがよいわけです。

では、この両者、どちらがよりストレスが少ないか?
後者の方がよりストレスが少ない状態になるという事です。

ミスした原因を自分に探すと自分が悪い事をした事になります。
なので「ごめんなさい・・」

ところが、自分に原因がなくて相手が素晴らしい♪
となると「ナイスショット!」

たったこれだけで脳の状態が変わります。

ちなみに実際にその時のボールが「ごめんなさい」と感じる程のボールなのか?
それとも「ナイスショット!」だったのか?

それはどちらでも良いのです。
だって、実際にはいろいろなミスがありますよね。

完全なイージーミスで自分の責任の時もあるかもしれません。
逆に本当に素晴らしいショットを打たれたかもしれません。

でもそんな事はどうでも良いのです。
大切なのは自分の状態をどう維持するか?

自分の能力を伸ばすにはこれが一番大切。
となれば、実際のミスの原因はどうでも構わないという事です。

どんなミスでも自分がミスをした時に相手の「ナイスショット!」と涼しい顔でプレーできれば♪
実はテニスはもっと楽しくなります。

ストレスを貯めませんから。
そして、その状態を維持する事ができれば(・∀・)b

結果的にテニスが上達します。

さて、いかがでしょう?
何かヒントになりそうですか?

ぜひ、一度試してみてくださいね。

また、感想なんかも教えてくださいませ(・∀・)b

本日は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です