テニスは自分を信じる事から上達が始まる

今回は「自分を信じる」についてお話したいと思います。

自分を信じている人と、自分を信じていない人。
この両者は上達のスピードが全く違います。

当然、自分を信じている人のほうが上達が早いわけですが、あなたは自分を信じていますか?

こんな質問をされるとほとんどの方は「そんな事考えた事もないけど、信じていない事はない」
こんな風に思うのではないでしょうか。

では、なぜ、こんな質問をいきなりするのか?
実は自分を信じていない事に気づいていない方が非常に多いからです。

ここで私がお伝えしたい「自分を信じる」とは
「一生懸命練習している」
「できるように努力する」
「できるようになりたい」
こういう思いとは全く次元の違う事なんです。

例えば、大阪から東京まで東海道新幹線に乗って移動するとします。
あなたはこの時、どんな行動を取るでしょう?

まず、チケットを確認して、自分の指定の席に座ります。
さて、その後、あなたは何をしますか?

寝ますか?
それとも、本を読む?
または、弁当を食べ始める?

いずれにしても、乗ってしまえば、必ず東京に着くと思っていますよね。
つまり、信じているわけです。
まさか、東京に着かないなんて疑いもしません。

ですから、それぞれ、自分のしたい事をするでしょ?
これって本心から東京に着く事を信じているからです。

もし、その列車が「東京に着かないかも?」と疑っていたらどんな行動を取るでしょう?
1駅ずつ、行き先を確認したり、時刻表を見たり、場合によっては車掌さんに尋ねるかもしれませんね。

とにかく、落ち着いて座ってられないでしょ?
ましてや熟睡する事なんてできないですよね。

これが信じている状態と信じていない状態の違いです。
つまり、信じている状態は自分がその事を信じている事自体を自覚する事はほとんどありません。

さて、それでは、これをテニスに置き換えてみましょう。

多くの方は練習をしている時、もっと上手くなるために、いろいろ考えたり、意識したり、自分を変えるように努力すると思います。
また、そうしないと「練習の意味がない」と言われる事もあるでしょう?

でも、これって自分を信じているんでしょうか?
実はこれって本当は自分を信じていないんですね。

だから、練習中にジタバタするんです。
1球打つたびに、その理由や原因、もっと良い方法を確認して・・・

これって、さっきの新幹線と同じだと思いませんか?
本当に自分を信じていたら、練習中もジタバタしません。

乗ってしまえば、必ず東京に着くように、ただ、集中して練習してれば、勝手に上手くなるんです。
問題はこんな風に思えていない事です。
つまり、自分を信じていないんです。

自分を本当に信じていたら、もっと落ち着いてボールに集中できるようになります。
集中力が高まればそれだけ、新しい情報をキャッチできるようになります。

それが結果的に自分を上達させてくれるわけですね。
ところが、先程も言ったように、練習中に自分を信じていない人は1球ごとにジタバタします。

その為に、集中力が高まっていきません。
それが練習しているのになかなか上達しない理由です。

いかがですか?
もう一度、お聞きしますね?

あなたは自分を信じていますか?
もし、信じているなら、練習中にジタバタしないでください。
いくら練習してもジタバタしてたら、それは自分を信じていない証拠ですよ。

安心してください。
新幹線に乗ったら必ず目的地に着きます。
それと同じようにボールに集中して練習するだけで必ず、自分のイメージしている結果が出ます。

これが「自分を信じる」と言う事です。
ぜひ、あなたがまず、あなた自身を信じてあげてくださいね。

たった、それだけで結果は必ず変わります。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です