錦織選手の集中力

今回のテーマは「錦織選手の集中力」です。

彼が以前、あるテレビ番組に出演している時にとても興味深い話をしてくれていました。

「ゾーンの時は何も意識していない」
「無心でプレーしている」
「調子言いなぁとちょっと思ってしまった瞬間にプレーが変わる」
「それを意識した時点でどんどんなくなっていく」
こんな風に表現しています。

そして、彼自身がUS openの動画を見ながら解説している部分があったのですが、この番組をご覧になられた方は覚えているかもしれませんが、コメントの歯切れがとても悪いです。
「多分」という言葉を頻繁に使っているんです。

この理由は彼自身がプレー中の事を表現しきれないからです。
でも、考えれば当たり前の事です。

上記のように何も意識していないわけですから、自分自身がどんな事をしているかは彼自身も分かっていないのでしょう。
その為に、集中状態の感覚は自信を持って明確に話すのに、プレーの解説になると自信なく話すのだと思います。

いずれにしても、錦織選手の一番の強さはこの集中力の高さです。
彼は試合の終盤にかけてこの状態に入っていく事ができる世界でも有数なプレーヤーです。

その結果、彼はファイナルセットに入った試合の勝率がずば抜けて高く、なんと歴代のプレーヤーの中でもNO1なのです。
これは彼の集中力の高さとコントロールが優れている事が要因です。

でも、これって実は私達にも同じことが言えます。
テニスのレベルは違えど、勝負所で集中状態に入れるか?

必ず、ここが勝負の分かれ目になります。

という事はテクニックを練習するよりも、勝負所で集中状態に入る練習に時間を費やしたほうが結果は確実に出ると言う事です。
いくら練習でテクニックが上達しても勝負所で集中できなければ、結局、実力を発揮できなくて悔しい思いをするだけですから。

いつもお話しますが、ライバルを追い抜くにはライバル以上の速度で上達する必要があります。
同じ速度では追い抜くことは不可能です。

では、ライバル以上の速度を生み出すには?
勝負所で集中状態に入る練習に時間を費やすことが一番現実的だと私は思っています。

その為には、まず、テクニックへの意識を忘れることです。
テニスにおけるメンタルの比重を上げる事が必要です。

実際、錦織選手はメンタル面に関する比重は非常に高いと思います。
と言うのは、彼のコメントにはメンタルに関することがとてもたくさん含まれるからです。

彼がそれだけメンタル面について重視している表れでしょう。

人間って面白いものです。
自分に興味のある事しか基本的に話しませんから。

テクニックの事を話す人はテクニックに興味があるのです。
メンタルの事を話す人はメンタルに興味があるのです。

相手に興味のある人は相手の事を話します。
結果(ミス)に興味のある人は結果(ミス)の事を話します。

とても単純ですよね。
さて、あなたは普段どんな事を話していますか?

その内容があなたのテニスを形作っています。
必要な事に興味を持ち、必要な事を話すようになれば、テニスは自動的に上達し、結果も出る物です。

さて、本日のお話は以上です。
良かったら参考にしてみてください。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です