シャポバロフのテニス

最近、ズベレフを始め、ニューエイジの選手の活躍が目立ち始めましたが、またまた、注目選手が現れました。
カナダのシャポバロフ選手です。
左利きの選手で年齢はまだ、18歳です。

先日のモントリオールのマスターズの3回戦でナダルに勝利しています。
この時は第3セット、タイブレーク1-3から逆転し、7-4。
勝負強さも持っています。

また、フォア、バック共に威力がある上に安定しています。
サウスポーであるのも有利ですね。

出典:Denis Shapovalov stuns Rafael Nadal in Montreal

思い切りよく振り切る片手のバックハンドが良いですねぇ。
フォアの破壊力もあり、一発でウィナーも取れます。

個人的には、ズベレフ、キリオスと並んで、将来チャンピオンになれる可能性を持っている選手だと見ています。

ショットの威力、バリエーションも非常に高次元であるのも確かなのですが、私が評価しているのは配球が非常に面白いのです。
つまり、「発想が豊か」だと言う事ですね。
チャンピオンになるにはショットの精度や威力だけではなく、配球のイマジネーションが大切です。
相手の予測を裏切るイマジネーションでないと読まれて対応されてしまうからです。

そういう意味ではズベレフ以上ではないでしょうか。
ただ、今は18歳と言う事で「イケイケどんどん」のところもあります。
今後、「豊かなイマジネーションと精度」の両方が伸びて行けば、NO1になれる可能性を持っていると思います。

ぜひ、注目してみてください。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいてありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です