テニスの試合の見方

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

今日はテニスの試合の見方について。

テニスの試合は集中力を高く維持したほうが勝利する確率が明らかに高いです。
では、プレーヤーの集中力をどう見るか?

実は簡単な方法があります。
これは自分たちのレベルでも同じことが言えるので、かなり役に立ちますよ。

では、その見方、それはポイントとポイントの間の表情、仕草をよく観る。
これだけでいろんな事が見えてきます。

特にゲームとゲームの間のコートチェンジの時の仕草を観察してみてください。
その時の状態とその次のゲームの内容は必ずリンクしています。

物静かに淡々とコートチェンジをしている時は次のプレーも淡々とプレーします。
もちろん、ボールに集中して。

ところが、そうでない場合。
例えば、素振りを繰り返したり、ぶつぶつ言い出したり。。。

すると次のプレーに現れます。

このあたり、トーナメントの序盤の試合のほうがわかりやすいです。
さすがにトップのプレーヤーはこのあたりが変わりにくい、
つまり、同じような状態を維持できるわけです。

つまり、高い集中を維持できる。
ところがまだ発展途上のプレーヤーはこのあたりにまだムラがあります。

ですから、一目でわかる変化に気づけると思います。

そうして、今回のウィンブルドンで気づいた事を自分のプレーに置き換えてみてください。
プレーのレベルや内容を置き換えるわけじゃないですよ。

自分をコントロールする事を置き換える。
テニスボールをコントロールすることではありません。

自分は淡々とボールに集中することができるか?
と言うことです。

この違いに自分で気づき始めると自分をコントロールすることが上手になります。
つまり、集中力を高く維持する事ができるようになる。

となるとどうなるか?
勝手に相手が負けてくれるようになります( ̄ー ̄)ニヤリ

お試しあれ♪

それでは、今日は以上です(・∀・)b
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です