杉田祐一選手のランキング

杉田選手のランキングがキャリアハイの40位に上がりました。
*2017.10.2現在

40位は錦織選手に次ぐ日本人、第2位です。
松岡修造氏の最高ランキングが46位でしたから、もし、錦織選手がいなかったらもっと騒がれても良いランキングなんですけどね。
ただ、錦織選手がいるからこそ、到達できたランキングとも言えるかもしれません。
同じ日本人の選手がトップ5の中に入る事ができたわけですから、イメージのブレークスルーが起きた事は間違いないでしょう。

100ⅿ走の桐生選手が9秒台を出した事で今後日本人のスプリンターも「どんどん9秒台がでるんじゃないか?」と言われていますがこれも同じ現象ですね。
やはり、一番最初に到達する事は非常に大変な事なんです。
そう考えると錦織選手がトップ5に入る事ができた事はとんでもない事です。

さて、話がそれてしまいましたが、日本人2位の杉田選手は今後どこまでランキングを伸ばしていくか?
非常に気になるところですが、私は20位‐30位の中に入る事は可能だと思っています。
10位‐20位となるとちょっと武器が足りなくて、イメージできないんですが、20位‐30位なら十分可能性があります。
杉田選手は他の日本人選手と違い、外人の特有の重くてパワーのあるボールに打ち負けない技術を備えています。
ハードな打ち合いでも全くひけを取りません。
ですから、十分に自分から展開を仕掛けて行く事ができると思います。
また、残念ながら身長は高くはありませんが、十分タフな体力も備えています。
彼は今年初めてワールドツアーで優勝したアンタルヤ・オープンは猛暑で他の選手がバテテ、中には棄権するような選手がいた中での優勝でした。
この体力は非常に大きな強みです。

また、メンタル的にも非常に安定しています。
このメンタルタフネスも大きな武器になるはずです。

後は、年間通して、勝つべき時には必ず勝つ安定した成績を残す事。
そして、トップ10の選手と互角に戦う為の経験を積む事が大切ですね。
トップ10とトップ20-30の選手とは少し差があるのでトップ10の選手に互角に戦えるレベルになれば、トップ20-30以下の選手に取りこぼす事が無くなってくるでしょう。
そうなれば、ランキングは自然と20位‐30位と維持する事になると思います。

そして、杉田選手が20-30位を維持していれば、他の日本人選手も同じブレークスルーが起こると思います。
その時、世界ランキングトップ50の中に日本人選手が5人‐10人が入っている状態。
こうなれば、デビスカップは非常に楽しみになります。
その為には杉田選手にもぜひ、20‐30位には入ってほしい所ですね。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です