テニスの配球はトラップを仕掛ける事

「トラップを仕掛ける」

今回はこれがテーマです。

試合では配球や作戦はとても大切です。
当たり前の事ですが、ただ、一生懸命返球するのと、配球や作戦をイメージして返球するのでは、相手に与える影響は全く違う物になります。

その為に、日ごろから配球や展開、作戦を身につけるように練習する事が必要です。

では、どうすれば、配球、展開、作戦のレベルを上げる事ができるか?
そこで意識してほしい事が「トラップ」つまり罠です。

配球や展開や作戦には常に罠を仕掛けるようにして欲しいのです。

何も難しく考える必要はありません。
いたずらのように考えてください。

例えば、落とし穴をイメージしてみましょう。

海辺の砂浜で穴を掘る。
穴を隠す。
いたずらを仕掛けたい相手がその穴の上を歩くように誘導する。
後は、穴に落ちるのを待つ。

まさにこんなイメージです。

これをテニスに応用します。

とても簡単な例を挙げると。

もし、あなたが極端にバック側の場所に構えたら、相手はどうするか?
相手がその事に気が付いたら、普通はフォア側にボールを打つと思います。
理由はとても簡単で、「人のいない場所に打ちたい」と言う心理が働くからです。

これを逆手に取るとトラップが完成します。
つまり、相手に自分のフォア側にボールを打たせたければ、わざとフォア側を空けて構えれば良いわけです。
そうすれば、自分のフォアにボールを呼び込む事ができます。

「トラップを仕掛ける」と考えると難しく思うかもしれませんが、これも立派なトラップです。
これを応用して徐々に色々な状況を作り出せばいいのです。

自分の得意ショットやウイニングショットがより多く使えるように、相手のボールを呼び込むようにするのです。
それが「トラップを仕掛ける」と言う意味です。

そのトラップが上手く機能すれば、あなたは当然、得意ショットやウイニングショットを使う回数が増えます。
これは試合を優位に進めている事に他なりません。
もちろん、勝つ確率も高まります。

ただ、実際にはトラップを意識したからと言って、すぐに機能するとは限りません。

自分自身がトラップを意識しすぎて、ミスをしたり。
または、相手に気付かれて、かわされたり。
または、相手のトラップにハマって、防戦一方になったり。

とにかく、ポイントに結びつくようになるまでには練習が必要です。

ちなみに、「トラップを仕掛ける」事を意識して練習し始めると、いろいろ新しい事に気が付くと思います。

例えば。
「ウイニングショットを持っていない」
「ウイニングショットの確率が低い」
「ポジションの間違い」
「イージーミスが多い」

とにかく、今まで、自覚できなかったら問題点に遭遇するはずです。
これに気がつければ、飛躍的に上達するチャンスです。

ここを徹底的に練習して、その問題を解消しておきます。
それができれば、次の試合はとても楽しみです。

あなたはこれまでの試合とは全く違う試合を展開するはずです。

もちろん、練習した通りにトラップに誘い込む事ができないかもしれません。
ですが、「トラップを仕掛けよう」と意識する事で、それが実行できない時の問題点もはっきりと認識できるはずです。

この体験を元に次の練習で問題点を解消すれば良いわけです。
つまり、次回の為に質の高い練習ができると言うわけです。

「試合の方法が良く分からない」と言う方のほとんどが「トラップを仕掛ける」と言う発想を持っていません。
これはとても不利な事です。

まずは、簡単なトラップから始めてみてください。
上手く、機能すれば、テニスが今以上に楽しくなります。

ぜひ、試してみてください。
以上、本日のテーマは「トラップを仕掛ける」でした。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です