勝負に強くなるテニスとは?

「試合勝ちたいですか?」
といろんな生徒さんに聞くとまず、ほとんどの方が「勝ちたいです」と答えてくれます。

そりゃそうですよね。
せっかく練習する訳ですから、誰でもご褒美は欲しいと思います。

やっぱり試合は勝てばモチベーションも上がりますし、楽しみが増えます。

でも、勘違いしないでくださいね。
「テニスの試合は勝たないと意味が無い」
なんて事はありません。

テニスにはもっと素晴らしい価値がたくさんあります。
ですから、「勝つ事が全て」ではありません。

単に1つの価値であり、また1つのご褒美です。
でも、努力しても努力しても全くご褒美がもらえないと?

これはちょっと辛いでしょ?
なので、勝つ事もとても大切な要素の1つなんです。

さて前置きが長くなりましたが、その上で「勝つ為にどうすれば良いか?」
これについて私が感じている事をお話します。

実は試合に強い人は「勝負」をしています。
でも試合で勝てない人は「テニス」をしているですね。

この違い伝わりますでしょうか?
例えば、「勝負」に長けた人は別にテニス以外の「勝負」にも強かったりします。
それが他のスポーツであったり、ゲームであったり。

つまり、「勝負」と言うのはどんな事にも存在するんですね。
勝負が強い人にとっては、「テニス」はその内の1つなんです。

ところが、「テニス」だけを見ている人は「テニス」特有のテクニックであったり、戦術であったりを意識し過ぎています。

つまり、テニスをしているわけです。
その結果、試合で一番大切な「勝負」が忘れられています。

これが試合でなかなか勝てない人の特徴です。
勘違いしないでくださいね。

これは能力ではないんです。
「何に興味を持っているか?」
その視点の違いなんです。

ですから、試合に勝つ為にはこの視点を変える、または広げる必要があります。

きっぱりと断言しますね。
テニスはテクニックが上達しても試合には勝てません。

もちろん、テクニックはとても大切な要素の1つではあります。
でも、勝負を忘れたテクニックは試合では何の役にも立ちません。

最近、とても強くこの事を感じます。

勝負は相手を感じる事から始まります。

相手の意図や考える事がわかれば、その勝負はとても簡単です。
相手の考えている事に対応して先手を打てば良いだけです。

例えば、相手の打つコースが分かれば?
「そこで待っていれば良いだけ」でしょ?

その為にはまず、相手を感じる事が非常に重要になるのです。
相手を感じる事ができなければ、相手の意図や考える事はいつまでもわかりません。

ですから、まずは相手を感じる練習をします。
そして、次に感じた相手の裏を突くように練習をします。

ところが、この時に自分が意図した所にボールが打てないと?
これは問題ですね。

せっかく相手の意図を感じて、裏もわかって、後はそこに打てば決まる。
でも、そこにボールを打てない・・・・

その時初めて、テクニックが必要になるんです。
つまり順番としてはこんな感じです。

相手を感じる

相手の裏がわかる(感じる)

そこに打てるテクニックを身に付ける

ちょっと強引ですが、こんな感じです。
これがテニスを使って勝負している状態。

ではテニスを上手になろうとしている人は?

テニスのテクニック(戦術)を知る

テニスのテクニック(戦術)をイメージする

身につくように練習する

こんな感じでしょうか。

全く違うでしょ?
一番違うのは相手が存在しているか?
それとも存在していないか?

後者には全く相手が存在していないんですね。
これが一番の問題。

なので、勝負にはいつまでも強くなれないと言う訳です。
これが「テクニックを練習しても試合は勝てないよ~」言う理由です。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です