テニスの試合に強くなる秘訣

今回のテーマは「テニスの試合に強くなる秘訣」です。

時々こんな悩みを聞きます。
「テニスは上手くなっているのになかなか試合に勝てない・・」

こんな感じです。
いかがです?あなたもそんな事感じることありませんか?
もし、おなじように感じる事があるなら、今からお話しすることを参考にしてみてください。
きっと何かヒントが見つかると思います。

では、まず、上手くなっているのに勝てない理由からお話します。
一番大きな理由、それは「どうしたら勝てるか?」を知らない事、または勘違いしている事。
ほとんどの場合がこのケースです。

試合って別にスキルが上達したからと言って勝てるわけじゃないんです。
もちろん、スキルが上達すれば勝てる可能性が上がることは事実です。

でもそれが全てではありません。
逆にスキルが上達しなくても「どうしたら勝てるか?」が解れば、いきなり勝て始めたりします。

ところが、多くの方はスキルが上達すれば「勝てる」と勘違いしてしまうんですね。
また、そのようにコーチや周りからも言われると思います。

「もっとサーブが良くなれば勝てるよ」
「もっとストロークが安定すれば勝てるよ」
「ボレーがしっかりと決めれるようになれば勝てるよ」
・・・・・・

こんな感じでしょうか。
でも、残念ながら、現状の試合にはこんな物はあまり関係がないんです。

もちろん、将来的にはスキルのアップも絶対に必要で、それがないと頭打ちになる時がきます。

でも、それもまず、「どうしたら勝てるか?」を知って初めて活きてきます。
これが解らなければスキルはあっても宝の持ち腐れです。

スキルやテクニックはツールと考えてみてください。
または駒です。

ツールは使い手によって全く次元の違うパフォーマンスを発揮するでしょ。
使い手が良ければ凄いこともできますが、使い手が悪いとその素晴らしさを発揮することもできません。

例えば私が持っているスマホ。
全く使いこなせていません(笑)

素晴らしいツールであるにも関わらず、使い手の私のレベルが低いのでそのパフォーマンスは多分、1/10も発揮できていないでしょう。

将棋の駒も同じですよね。
プロの棋士が使う、「歩」と私が使う「歩」では同じ「歩」でも全く違う働きをします。

実はテニスのスキルやテクニックも全く同じ。
ですから、スキルやテクニックだけを練習しても「試合では全く効果を発揮しない」なんて事が普通に起こります。

それどころか、スキルは上手くなったのに逆に「試合が弱くなった」
なんてことも起こります。

これは試合としてのバランスが崩れてしまったからです。

「試合で勝てない」と悩んでいる方はまず、この事を理解してください。
この「スキル上達」の妄想から抜け出ないと今の現状の打破はかなり難しいです。

そのまま練習を続けても「上手くなっているのに勝てない」が続きます。
どんどん上手くなっても「試合は別」になってしまいます。

そんな事にならない為にまず必要な事が、今の妄想から抜け出すことなんです。
この妄想から抜け出すことができれば、今までと全く違った新しい情報をキャッチする事ができます。

新しい情報とは試合に勝つ為に必要な情報です。
これがあれば今のままのスキルでも勝てるようになり始めます。

さて、少し長くなりましたので、今回はここまでにしますね。
続きは次回以降でご紹介します。

本日も長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です