トップスピンを身に着けるコツ

今回は「トップスピンを身に着けるコツ」についてお話します。

前回のクリニックはトップスピンの練習をしましたが、これがかなり効果的で、みんな大きく変化してくれたので、ここでもご紹介します。

いつもお話する事ですが、人はイメージによってコントロールされています。
つまり、トップスピンが打てない人は「間違ったイメージを持っている」

これが根本的な原因です。
ですから、イメージを変えればトップスピンは難しくも何ともありません。

では、早速トップスピンの為に必要なポイントをいくつか紹介しますね。

まず、最初に多くの方が勘違いしている事を紹介します。
その勘違いとは、「どうして回転がかかるのか?」という事です。

この事をまず、考えてみてください。
あなたはどうして回転がかかると思いますか?

グリップですか?
それとも、振り方?
またはラケットの面?

多くの人はこんな風に考えていると思います。
と言うより、そんな風に思わされてると言ったほうが良いかもしれません。

でも、結論から言うとこんな物で回転がかかるわけじゃありません。
もちろん、「関係が無い」とは言いませんが、本質的な理由ではありません。

では、回転がかかる本質は?
それは「摩擦」です。

大切な事なのでもう一度言います。
「回転は摩擦から生まれます」

どんなグリップでも。
どんなラケットの面でも。
どんな振り方でも。

ラケットとボールの間に摩擦が生まれると回転が発生します。
逆にどんな振り方をしても摩擦が生まれないと回転は発生しません。

それが証拠にいわゆるスピンガットはボールとガットとの摩擦を大きくするように工夫されています。
同じエネルギーで打っても通常のガットよりも摩擦が大きくなるようになっているんです。

ですから、より回転がかかるんですね。

トップスピンを打つ為にはまず、この事を理解するべきです。
そして、「グリップや打ち方やラケットの面でトップスピンを打つ」という勘違いから抜け出さないといけません。

そうでないとトップスピンは非常に難しい技術になります。

ですが、「摩擦で回転がかかる」
この事がわかれば、回転をかける事はとても簡単になります。

摩擦が大きくなるような感覚を練習すれば良いだけです。
ちなみに摩擦を大きくする為には手のひらでボールとラケットの摩擦を感じるようにします。

より強いトップスピンをかけようとして、力いっぱいスイングし、「カシャ」と擦れたような音でボールを打つ方が非常に多いですが、残念ながら、このボールにはパワーは伝わっていません。

それが証拠に地面に向かって落下はしていきますが、地面に着いた後、ボールが大きく弾むことはありません。

この状態はラケットとボールの摩擦が小さいからなんです。

ボールとラケットの摩擦を大きくするのはより長くラケットの上で「ボールを転がす」感覚が必要です。
長く転がると言うことはそれだけ、ボールとラケットが接触している時間が長く、摩擦も大きいというわけです。

今回のクリニックでもこのボールを転がす感覚を味わってもらい、そして、その感覚を磨く練習をしていただきました。

するとみんなの弾道がだんだん高くなり、地面に落ちたあと、大きく弾むボールに変わっていきました。
ここ、とっても大事です。

トップスピンの一番の利点は地面で大きく弾むことです。
ボールが大きく落下するので「コートに収まりやすい」という特徴もありますが、
それ以上に相手にプレッシャーを与えるのはボールが高く弾むことです。

この事もイメージしておく必要があります。
「コートに収めるためのトップスピン」
「地面で大きく、高く弾むトップスピン」

このイメージの違いだけでも、身に付ける技術は大きく変わってしまいます。
コートで大きく高く弾むイメージを持ち、手のひらでボールとラケットの摩擦を感じる。

実はトップスピンを打つために大切な事はこれだけなんです。
グリップも振り方もラケットの面もどうでも良いんです。

そんな物は個性の範疇です。
ですから、トップ選手は誰一人同じグリップや打ち方ではないのにみんなトップスピンを打っているんです。

あなたがトップスピンを打つのも同じです。
どんなグリップでも打ち方でも自由で良いんです。

ただし、ラケットとボールの間に摩擦が起きないといけません。
そして、その摩擦の量をコントロールする感覚を磨かないといけません。

そうすれば、いとも簡単にボールにトップスピンをかける事ができます。
ぜひ、試してみてください。

今までと全く違う感覚でボールを打つことができるようになりますよ(・∀・)b
本日のお話は以上です。

良かったら参考にしてみてください。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です