正しい打点とは?

今回は「打点」について。
テニスが上達する為には打点の習得はとっても大切です。

これはサーブから、ボレー、ストローク全てに共通です。
打点がズレるとスピードも回転もコントロールも全てにおいて問題が生じます。
逆に適切な打点でボールを捕らえるとすべての要素が自動的に向上していきます。

ですから、適切な打点を習得する事はとても大切な事です。
ところが、テニスプレーヤーのほとんどが正しい打点よりも遅れた打点でプレーしてしまいます。
その為に、ボールの威力は無くなり、コントロールもままなりません。

では、どうして遅れた打点でボールを打ってしまうのか?
もちろん、相手のボールが速くて遅れてしまう事はあります。
この場合は仕方ありません。
相手と対戦しているのですからそんな時もあるでしょう。

ですが、問題は自分では正しいと思っているにも関わらず、実は遅れてしまっているケースです。
これは自分が正しいとイメージしている打点自体が間違っていると言うことです。

これには大きな問題があります。
なぜなら、イメージ通りにプレーしているにも関わらず、結果は遅れてしまっているからです。
逆に言えば、イメージ通りにプレーするから遅れると言う事でもあります。
となれば、将来的にもこの問題は解決することはありません。

イメージは正しいけれども経験値が足りないのであれば将来、問題は自然と改善されるでしょう。
ところが、この場合は違うわけです。
イメージ自体がずれているわけですから、将来もこのズレはなくなりません。
その為に、正しい打点を体験する事は非常に大切なわけです。

では、どうして、遅れた打点を「正しい」と勘違いしてしまうのか?
それにはちゃんと理由があります。
その理由の1つがテークバックの仕方です。

テークバックの仕方と言っても正しいテークバックの方法が存在するわけではありません。
方法論はいろいろあります。
プロの選手を見てもらっても分かるようにテークバックの方法はみんな違います。

ですが、テークバックの目的を間違ってはいけません。
例え、方法論が正しくても、目的を間違えると全く違う結果が出てしまいます。

では、テークバックの目的とは?
これは正しい打点に必要なエネルギーを準備することです。

この目的を達成できるテークバックであればどんな方法でも構わないのです。
準備が適切にできれば、あとはGOするだけ。
自動的にイメージした結果がでます。

これはテニスに限らず、どんな事でも同じですよね。
試験でも仕事でも、下準備が完璧であれば、あとはただ、実行するだけです。

でも、もし、必要な準備が出来ていなければ??
その場で帳尻を合わせても限界がありますよね。
これとテニスも全く同じなんです。

では、テニスにおいてのインパクトで必要なエネルギーとは?
狙った位置にボールを飛ばす為のエネルギーの方向と大きさです。
この2つをバランスよく作り出す事です。
これがテークバックの目的です。

これさえ、できていれば、実はボールは自動的にコントロールされます。
ところが、残念ながら、多くのプレーヤーはテークバックの目的が「ボールを打つ準備」になっているように思います。

つまり、目的が非常に曖昧なわけです。
その為に、ラケットを振り始めてから帳尻を合わせるわけです。
これは、試験前にしっかりとした下準備が出来ていないのと同じ。
結果は期待できません。
逆に言えば、試験を受ける前から結果はある程度わかっているという事です。

テニスも全く同じです。
テークバックを見れば、結果はある程度分かります。
テークバックはそれぐらい大切な物です。

ちなみにあなたにとってのテークバックはどんな物ですか?
今一度、テークバックについてのイメージをチェックしてみてください。
下準備のレベルが上がれば、それだけ、成功率があがりますよ。

ただし、注意して欲しいことはボールを打つ時にはこの事を忘れる事です。
前回の5W1Hのお話を思い出してください。
このテークバックは「どのように」に関するアドバイスです。

それ以上に大切な事は「いつ」「どこで」の時間である事をお忘れなく。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です