フェデラーのスムーズなフォアハンド(動画)

今回はフェデラーのフォアハンドの練習動画を紹介したいと思います。
フォアハンドのイメージトレーニング用に非常に良いので参考にしてみてはいかがでしょう。
では、ご覧ください。

身体のどこにも力みがない、本当にスムーズなスイングです。
ただ、力みがないからと言って、身体が緩んでいるわけではありません。
スイングに必要な全身の筋肉が伸張、収縮しているので、ハリがあります。

一般的には、リラックスと緩みがよく混同されます。
力んではいけないから、脱力をしようとするわけです。
ですが、脱力してしまった緩んだ状態の身体では、本当に生きたボールを打つ事はできません。
ラケットの重みで、ある程度のボールを打つ事はできるかもしれませんが相手のボールの威力が増すと、身体が潰されて、打ち返す事ができなくなります。
筋肉にハリがある状態と脱力した状態は全く別の物です。
そのあたりの違いはこのフェデラーの動画を見ていただくと非常に良く分かると思います。

力みは全く無いにも関わらず、それでいて、全身にハリがあります。
だからこそ、動き全体に美しさを感じるわけです。
これがもし、脱力して「だら~」とした状態であれば、フェデラーのスイングに美しさを感じる事はないでしょう。
もちろん、生きたボールを返球する事もできません。

それにしても、惚れ惚れするほどリラックスしたフォアハンドですね。
それでいて、ボールの打球音はえげつないです(笑)

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む5つの間違い

「テニスって難しい・・・」
「もっと早く上達したい・・・」

もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

詳しく知りたい方はこちらから無料ダウンロード

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です