テニスボールにスピンをかけるには?

今日はスピンボールについてお話ししてみたいと思います。
技術的に少しレベルの高い話になりますが、勘違いを解く為には効果的だと思いますので、軽い気持ちで聞いてみてください。

さて、スピンボールとはその言葉のとおり、回転のかかったボールの事です。
スライスやドライブ、トップスピン、これらは全てボールに回転がかかっているボールの事を言います。

テニスではボールに回転をかけてコントロールする事がとても重要です。
回転をかける事でボールに変化を与える事は相手に大きな影響を与えるからです。

さて、一般的にスピンボールには、二つの表現があります。
一つは薄い当たり、そして、もう一つは厚い当たりです。

インパクトで擦れたような当たりを薄い当たり。
逆に強く当たる状態を厚い当たりと言うようです。

ですが、スピンを身につけるには厚い当たりをイメージするのは危険です。
と言うのは厚い当たりをイメージすると「しっかりとボールを捕らえて」とイメージしてしまう事が非常に多いからです。

物理的にボールに回転をかける為にはボールは捕らえてしまっては不可能です。
回転はボールを捕らえないから、与える事ができるのです。
捕らえると言う事はガット上でボールが動かなくなるわけですから、回転を与える事は難しくなります。

回転を与える為には逆にボールを捕えないで、転がす、または逃がすような動きになる必要があります。
これがボールに回転を与える為の肝です。

つまり、どれだけ、ボールを捕らえないか?
この技術が回転をかける技術と言うわけです。

ですから、本来ボールに回転を与えるという事は薄い当たりをイメージするべきなのです。
にも関わらず、ボールを捕えながら、ボールに回転を与えようと勘違いしているプレーヤーは少なくありません。

大切な事なので、もう一度言います。
ボールに回転を与える為にはボールは捕らえてはいけません。
ボールを捕らえない技術がボールに回転を与える技術なのです。

ですが、一方で「薄いあたり」と言われるボールが存在します。
このボールは回転はかかっているが、ボールに伸びが無く、回転しているメリットを活かせないボールの事です。

例えば、トップスピンであれば、進行方向に縦に高速回転しているにも関わらず、ボールが跳ね上がらず、伸びも威力も無いボールの事です。
一般的にはこういうボールの事を「薄い当たりだから、威力が無い」と言われる事が多いわけです。

そして、また、「薄い当たりから厚い当たりに変える必要があるね」となるわけです。
ですが、先ほども言ったように回転を与える為には厚い当たりは存在しません。

では、どうして、良いプレーヤーのボールは高速回転した上に、ボールに伸びや弾み、滑り、キレが同居しているのでしょう?
また、どうして、高速回転しているにも関わらず、伸びや威力が無いボールが存在するのでしょう?

この違いは一体何から生まれるのか?

実はこの違いを生み出す一番の原因はスイングのエネルギーの向きにあります。
スイングのエネルギーの向きと狙った方向にズレがあると、エネルギーは大きなロスをします。

その為に、同じような回転に見えても、ボールに与えられたエネルギーの大きさが全く違うのです。
与えられたエネルギーの大きさが違えば、ボールの伸びやキレ、威力に差があるのは当然の事です。

つまり、威力のあるスピンボールの為にはまずはエネルギーの向きが狙った方向に向く事。
そして、そのエネルギーで薄い当たり、つまり、ボールを捕らえないように打つ事。

この二つの条件が整った時に高速回転しながら、ボールに伸びやキレなどの威力を与える事が出来るわけです。

例えば、エネルギーの向きが合っていても、ボールを捕らえてしまったら、ボールに回転を与える事はできません。
また、エネルギーの方向がずれている状態で、ボールを捕らえないで打つと回転は与える事ができても、ボールに威力を与える事ができないと言うわけです。

つまり、薄い当たりが課題となっているプレーヤーが改善するべき事は何か?
それは、厚い当たりをする事ではないのです。
それでは、いつまでも回転を与える事ができません。

そうではなく、スイングのエネルギーの向きを改善する事なのです。
そういうプレーヤーはいわゆるスイングプレーンがずれています。

ここを改善する必要があります。

そうする事で伸びや弾み、キレ、滑りなどの威力のあるスピンボールを打つ事が出来るのです。

ちなみにトップスピンを打つ為には、体力、筋力、スイングスピードが必要と言われる事があります。
ですが、これも全くの勘違いです。

そんな物は全く必要ありません。
もちろん、ラケットすら振れないほどの小さなお子さんやご年配の方には難しいでしょう。
ですが、その場合はテニス自体が難しいです。

一応、ボールを打つ事ができるなら、ボールに縦回転のトップスピンを与える事は簡単です。
特に力は必要ありません。

大切な事はボールに与えるエネルギーの向きの作り方です。
そして、また、ガットがどのようにボールに触れるか?
その触れ方の問題です。

この二つを整える事が出来れば誰でも、スライス、トップスピン、サイドスピン・・・
どんな回転でも与える事は可能です。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です