テニスの振り遅れを無くすには?

今日はテニスの振り遅れを無くすポイントについてです。

「ボールを見続けると振り遅れます・・・」
こんな質問を時々いただきますが、実際ボールを見ているのに遅れてしまう方は少なくないと思います。

今日はその理由について少し解説しますね。
ボールを観ても上手くプレーできない方は参考にしてみてください。

ポイントは「ボールに集中する事」と「ボールを観る事に集中する事」の違いです。
前者はボールに興味を持って注意力を向けている状態。
それに対し、後者はボールを観る事にこだわっている状態。

この違いなんです。
言い方を変えればボールを観る事は方法論の一つです。

ですから、そこにこだわる必要はありません。
ボールを観てもなかなか上達を実感できない方は興味は何か別の物、例えば、ボールのコントロールや結果、フォームや打ち方、相手等々・・・

これらに興味を持ちながら、ボールのケバケバだけを「観ている」
こんな状態は後者です。

では、そんな方の対処法です。
とても簡単です。
「ん~♪」とハミングしながらプレーしてみてください。

もちろん、ボールは観てくださいね。
きっと今までと違う感覚でプレーできると思います。

これにはちゃんと理由があります。
実はボールを観る事に集中している時は頭の中でセルフトークしている状態です。

これがボールへの集中を邪魔しています。
ところがハミングをする事で、このセルフトークを消す事ができます。

その結果、ボールへの集中力を高める事ができます。
ボールへの集中力が高まれば、あとは体が自動的にボールを打ってくれます。

ちなみにこの方法は「今日は調子悪いな~・・」
なんて時にも使えるのでお試しくださいませ(・∀・)b

それでは本日は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です