威力のあるボールを打つには?

今回は少しスキル的な事についてお話したいと思います。
テーマは「ボールの威力」

速くて、威力のあるボールを打つ事は多くの方の憧れだと思います。
私自身もそうです。

では、どうすれば、速くて威力のあるボールを打つ事ができるか?

一般的にはスイングのスピードが速くなれば、ボールも速くなって、威力が出ると思いがちです。

でも、実はそれだけではありません。
では、こちらをご覧下さい。

寸勁の見本

これは中国武術の寸勁と呼ばれる技ですが、一瞬にして物凄いパワーを発揮しています。

もし、この動きでボールを打てばかなりのボールが飛び出して行くことでしょう。

もちろん、「こんな動きでボールを打ちましょう」
なんて事ではないんですよ。

注目して欲しい事は身体の動きの大きさと速度です。
この寸勁は身体の動きがほとんどありません。

例えば、テニスで言う、テークバックやフォロースルーがないわけです。
ほぼ、インパクトのみ。

にも関わらず、このパワーです。
逆に、拳を大きく引いて、力いっぱいぶつけに行ったからといってこの板が割れるか?

かなり疑問ですね、難しいでしょう。

つまり、何が言いたいか?
パワーの強さは見た目の動きの大きさや速度だけではないという事です。

あなたも見た事があると思います。
傍目にはラケットを大きく引いて、力いっぱい振っているのに、ボール自体にはそれほど威力やスピードがないプレーヤーを。

この寸勁とは全く逆ですね。
つまり、ラケットを大きく速く振る事を練習しても実はあまり効果がないということです。

実は人間の体には自然と「力が入る」動きがあります。
「力を入れる」のではありません。

「力が入る」のです。
この違いはわかりますか?

前者は無意識、つまり、身体が自動的にコントロールしてくれる力。
後者は意識的に、自分がコントロールしようとする力。

つまり、パワーを出すには身体本来が持っている、自然と「力が入る」動きに従ってやるだけで良いのです。
逆に自分が意識して、速度を速くしたり、力を入れたりすればするほど、力を出すことができないということです。

ですから、スイングを意識して練習すればするほど、パワーはボールには伝わらないということなんですね。

その結果は先ほどご紹介したような方達です。
大きくラケットを引いて、力いっぱい振っているのに、ボール自体のパワーはないのです。

では、どうすれば、身体本来のパワーを自然と引き出すことができるのか?
この事については、正直なところ、私もまだメールでお伝えできるほど、理解が出来ていません。

ですから、またの機会にしたいと思いますが、今日私がお伝えしたい事は、パワーのあるボールを打つ為には単純にスイングの速さを速くする事ではないということです。

ましてや、綺麗なフォームでラケットを振る練習をしたところで、ボールの速度や威力、そして、コントロールも身に付けることはできないということです。

まずは、この勘違いに気がついていただけたらと思います。

一般的には、ボールの威力を上げる為の打ち方やフォーム、こういう振り方をすれば、「もっとボールに回転がかかる」「もっと威力が出る」みたいな事がよく言われていますから。

この間違った常識から、まずは抜け出してください。
そうしないといつまでもあなた本来の能力を引き出すことはできません。

そんな事を意識するより、ボールに集中し、ただ、タイミングを合わせてボールをヒットする。
これだけで今以上に威力のあるボールが打てるはずです。

大切な事は「ただ打つだけ」
あまりにも単純なので、信じられないかもしれませんが、実はこれが本来持っているあなたの能力を引き出す一番の秘訣です。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス
戸村基貴

写真提供:小林一仁(zonephotography)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です