テニスのポーチのコツ その二

今日はポーチのコツのその2についてです。
前回は「ストレートを抜かれる事を恐れない」事の重要性についてお話ししました。
今回はポーチを成功させる為の考え方です。

ポーチに上手く出れないプレーヤーは相手のリターンを追いかけてボールを打とうと考えているようです。
その為に、相手がリターンを打つと一気に走って、何とか、そのボールに届くように頑張ります。
ですが、これだと、時間的に間に合わないケースが多く、非常に難しくなります。
もちろん、相手のボールに反応して、動く事でボレーをするケースも無くはありません。
ですが、戦術的にポーチを使うなら、この考え方はあまりおすすめではありません。

では、ポーチはどう考えれば良いのか?
ポーチは走ってボールを打とうとするのではなく、そもそも「自分がいるポジションを変える」と言うイメージが必要です。
相手が打ってくるであろう場所に事前に構えておくイメージです。
そうすれば、無理に走って追いかけなくても余裕を持って、ボレーをする事ができます。

ただ、相手だって、まさか人のいるところにわざわざ打ってくれる事はありません。
前衛が真ん中に構えているのにそこに打つわけはなく、当然、ストレートを狙ってくるでしょう。

そこで必要になるのがタイミングです。
「いつポジションを変えるのか?」という事です。
元々はストレートを抜かれない位置に構えていた物をあるタイミングでポジションを変えるわけです。
こうする事で、ストレートを抜かれず、ポーチを成功させる事ができます。

横を通り過ぎようとしているボールを追いかけてボレーをする。
ボールが飛んで来るであろう位置でボールを待ち伏せてボレーをする。
どちらが、安定してボレーをする事ができるか?
一目瞭然だと思います。

ポジションを変えるタイミングは非常に大切で早すぎれば、ストレートを抜かれる事になりますし、また、遅すぎると間に合わなくなります。
その為にちょうど良いタイミングでポジションを変えるコツは練習で掴む事が必要です。
ですが、まずは「ボールを追いかけてボレーをする」イメージから「ポジションを変えてボレーをする」イメージに変える必要があります。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です