ポーチに出るタイミング

今回はポーチに出るタイミングについてお話しします。
ポーチが成功するか、どうかははポーチに出るタイミングで決まります。
タイミングが早すぎれば、相手にバレてストレートを抜かれてしまいます。
逆に遅すぎれば、間に合わないでボレーする事が出来なくなります。
丁度良いタイミングで出る事が出来れば、相手はかわす事が出来ませんから、後はしっかりとコントロールするだけです。

では、ポーチに出るタイミングとはどういう物なのか?
いつ、出れば、上手くポーチが決まるのか?
そのタイミングについてご説明します。

プレーヤーには「どこにどんなボールを打つか?」の意思決定をする瞬間が必ずあります。
この意思決定をした後にボールを変える事は精度を急激に下げる事になります。
簡単に言えば、一度決定したボール以外を急に打たされるとミスをすると言う事です。

つまり、ポーチに出るタイミングはこの意思決定後と言う事になります。
そうすれば、相手はコースを変える事ができないか?または、ミスをするか?どちらの可能性が急激に上がるという事です。
逆にこの意思決定する前だと、ストレートを抜かれてしまう可能性が高いと言う事になります。

では、どうすれば、相手が意思決定する瞬間を感じる事ができるか?
相手が意思決定する瞬間を感じる事ができれば、ポーチに出るタイミングを合わせる事が出来ますよね。
ですから、ポーチに出るタイミングを掴むにはまず、相手が意思決定する瞬間を感じる事ができるか?
ここがポイントになるわけです。

ところで、相手は一体何を基準に意思決定するのでしょう?
何を見て、その瞬間を決めるのでしょう?
それは相手からのボールを観てその瞬間を決めています。

逆の立場で考えてみてください。
あなたはストレート、クロス、打ち分ける時、何を観て打ち分けますか?
当然、ボールを観て打ち分けているはずです。

相手からボールが飛んできて、そのボールが自分に近づきすぎれば、打ち分ける事ができなくなるはずです。
逆に早い段階で打つコースを決めておけば、その為の準備ができるので、精度が上がると思います。
つまり、プレーヤーは相手からのボールが近づいて来る「ある瞬間」で意思決定しているのです。
考えれば当たり前の事です。

では、ネットマンが相手のプレーヤーの意思決定の瞬間を感じるにはどうすれば良いのか?
答えは簡単です。
相手のプレーヤーと同じようにボールを観ていればいいのです。
つまり、自分の味方が打ったボールが相手の方へ飛んで行く、そのボールです。
そのボールに集中し、観ていると相手のプレーヤーが意思決定する瞬間が分かってきます。
その瞬間が分かれば、後は簡単です。
相手が意思決定した後に少し、ポジションを変えてやれば相手はもうコースを変える事ができません。
自分のほうにボールを呼び込む事ができるので、ボレーを決めるだけです。
これがポーチに出るタイミングです。

同じ事の繰り返しになりますが、ポーチに出るタイミングで最も大切な事は相手が意思決定する瞬間を感じ取る事です。
この瞬間を感じる事が出来れば、相手がかわす事が出来ないポーチを身につける事ができますよ。
参考にしてみてください。

本日は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です