テニスのポーチのコツ

今回はポーチのコツについてお話しします。
ポーチのコツと言っても、必要なポイントはいくつかあり、一つのコツで何とかなるものではありません。
ですが、今日はその中で最も大切な事をお話しします。

それは「ストレートを抜かれる事を恐れない」という事です。
「ポーチのコツを知りたい」と言う事はまだ、ポーチのコツが掴めていないという事だと思います。
その段階のプレーヤーが最も大切にしなければ、いけない事は「ストレートを抜かれる事を恐れない」と言う事です。
ポーチでは動くタイミングが非常に大切です。
早すぎれば、バレてストレートを抜かれます。
逆に遅すぎれば、ボールに間に合わなくなり、ポーチが出来なくなります。
丁度良いタイミングを掴むには当然、練習が必要です。

その時に最も大切な事がストレートを抜かれる事を恐れない事です。
もっと言えば、ストレートを抜かれる経験も無しに、ちょうど良いタイミングを身につける事は不可能です。
ストレートを数多く抜かれる事から、「早すぎるタイミング」を身をもって知る事になります。
この経験がポーチのコツを掴むのです。

ところが、ポーチのコツを中々掴めないプレーヤーはストレートを抜かれる事なく、ちょうど良いタイミングだけを身につけようとします。
テニスはそんなに甘くありません。
失敗やミスの経験なく、都合よくポーチのコツを身につける事など不可能な事です。
数多くの失敗やミスを経験し、そこからコツを掴んでいくしかありません。

その為に必要な事が「ストレートを抜かれる事を恐れない」事です。
確かにストレートを抜かれるとペアに悪いと感じるかもしれません。
気持ちは分からなくはないですが、それではいつまでも、ポーチを身につける事はできません。
ペアとは「お互い様」と言うように考え方を共通にして、どんどん挑戦するしか方法は無いのです。
自分も抜かれるかもしれないが、ペアも同様に抜かれても挑戦すれば良いだけの話です。

ポーチがいつまでも出来ない人の特徴はボールに出遅れて、間に合わない事です。
それでは、ストレートに抜かれる事もありませんが、ポーチに出れるようにもなりません。
ストレートを抜かれる事なく、都合よく、ちょうど良いタイミングを身につけるなんて事は出来ないのです。
本気でポーチを身につけたいのであれば、まずは「ストレートを抜かれる事を恐れない」この感覚を身につける事が最も最初に必要な事です。
全てはそこから始まります。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です