サービスのスピードを上げるには?

今回はサービスのスピードを上げるコツについてお話しします。
サービスのスピードを上げる為に最も大切な事は体幹でエネルギーを作る事です。
サービスのスピードが上がらないプレーヤーの特徴は腕のスイングが速い事です。

多くのプレーヤーはスイングの速度がそのままボールの速度になると勘違いしています。
ところが、現実にはそうではありません。
その一番の理由はラケットがボールに当たった瞬間にはボールから反作用を受けるからです。
反作用と作用のエネルギーは基本的に同じです。

つまり、スイングが速くなってエネルギーが大きくなるとその分、反作用のエネルギーも大きくなるという事です。
インパクト時に腕はこの大きくなったエネルギーを受ける事になります。
この時、腕でスイングするプレーヤーはボールから受ける反作用のエネルギーに負けてしまう事になって、作り出したエネルギー通りにボールを飛ばす事が出来ないのです。
その為に、見た目は速そうにスイングしていても、実際にはボールはそれほど、速くは飛んで行きません。

つまり、サービスの速度を上げるにはインパクト時で受ける反作用に負けないような技術を身につける事が必要になります。
では、どうすればこの反作用のエネルギーに負けないようなサーブを打つ事ができるか?
そこで必要なのが体幹の使い方です。
腕を振って、エネルギーを作るのではなく、体幹が作ったエネルギーを腕は伝えるだけです。
こうする事で、体幹から、伝えるエネルギーは波のように増幅され、インパクト時に受ける反作用を受ける事なく、ボールを飛ばす事ができます。

このように身体を使えるプレーヤーは見た目はそれほど、速くスイングしているように見えないにも関わらず、実際は良くボールが伸びて相手は見た目以上のスピードや威力を感じます。
目指す技術とはそういう技術です。
サービスのスピードを上げるにはただスイングのスピードを上げるだけでは不十分なのです。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です