テニスのスランプから抜け出すには?

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

今日は少し調子を落としている方へのアドバイスです。

スランプの入り口は何か?
実はスランプには入り口があります。

調子が悪くなるサイクルの入り口ですね。
ちょっとした事なんですが、ほとんどの場合、ここから始まります。

でも、逆に調子が良くなるサイクルもあります。
それもちょっとした事なんです。

では、一緒に考えてみましょう。

まず、調子が悪くなるときのきっかけは?
例えば。
「怪我をした時」
「試合で負けた時」
「新しいテクニックに挑戦し始めた時」
「ミスが続いた時」
もちろん、まだまだあるでしょうがこんな感じですね。

では、逆に調子が良くなる時のきっかけは?
例えば。
「試合に勝った時」
「新しいグッズを買った時」
「応援された時」
「新しいヒントに閃いた時」
こんな感じでしょうか。

では、この二つの状況の違いは何でしょう?
この違いがわかれば、調子を元に戻す、またはスランプから抜け出す事ができると思いませんか?

当然、起こっている状況はそれぞれ全く違いますが、本質は同じです。
まず、調子が悪くなるきっかけは実はこれ頭の中で「?」が出てきた時なんですね。
もう少し具体的に言うと「原因を考え始めた時」です。

いかがです?
先ほどの例も全て当てはまると思いませんか?

では逆に調子が良くなるきっかけはどうか?
これは「!」となっているときです。
言い換えれば「よし!」と思っている時ですね。

これもどうです?
当てはまるでしょ。

実は調子の波を簡単に説明すると「?」と「!」
こうなります。

でも、この違いが脳の中ではとっても大きな違いになります。
「?」はβ波に
「!」はα波に

それがプレーに現れるわけです。

さて、それでは、少し調子を落としているあなたへのアドバイス。
何か「!」と思える物を探してみましょう。

たったそれだけで良いです。
調子が悪くなっている理由はただ脳波がβ波状態になっているだけなんです。

どんな名プレーヤーでも、どんなに能力があっても、人間の身体の本質、原理原則に逆らう事はできません。
原理原則に従えば、自然と調子が上がってきます。
そして、次のステージが必ず見えてきます。

その為にまず、する事は?
それは「?」を忘れる事です。

そして、「!」を探してください。
これだけで大丈夫です。

ぜひ、お試しください。

本日は以上です。

長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス

戸村基貴

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む5つの間違い

「テニスって難しい・・・」
「もっと早く上達したい・・・」

もし、あなたが伸び悩みを感じるなら・・・
それは5つの間違いが原因かもしれません。
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

この5つの違いに気づき、修正するだけで、自分でも驚くほど、上達する事が出来ます。

詳しく知りたい方はこちらから無料ダウンロード

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です