イップスは精神的な問題ではない

イップスは精神的な問題?

近年、イップスで悩むプレーヤーが非常に増えています。
それにつれてネット上でも様々な情報が見られるようになりました。
「自分はイップスかも・・・」と悩んでおられる方は、やはりいろんな情報を探されると思います。
また、こうして私のブログをご覧いただいているのもその結果だと思います。

ちなみに私はネット上で見られるイップスの情報に危惧しています。
と言うのはそのほとんどが精神的な問題として捉えているからです。
このブログでは再三お話ししていますが、イップスは精神的な問題が原因ではありません。
もちろん、全く関係がないわけではありません。
と言うより、大きく関係しています。
ですが、根本的な原因ではないのです。
緊張やプレッシャーがイップスの本質なら全てのプレーヤーが緊張する場面やプレッシャーを感じる場面を経験すればイップスにならなければなりません。
ですが、実際にはそうではありません。
緊張する場面やプレッシャーを感じる場面になっても普段通り、または普段以上の力を発揮するプレーヤーはたくさんいます。
これはイップスの本質的な問題が精神的な問題ではない事を表していると私は思っています。

年々増えるイップスの悩み

実はイップスは年々増えています。
それも特定のジャンルのスポーツだけではありません。
全てのスポーツ、また、スポーツだけではなく、ミュージシャンや外科医などのお仕事の中でもイップスに陥る方が増えているのです。
これにはやはり原因があると私は考えています。
ちなみにイップスはある日突然、発症します。
ですが、実はイップスに陥るにはその過程があるのです。
症状自体はある日、ある時を境に現れますが、それはその瞬間に原因があって起こったわけではありません。
ある程度の期間、イップスが発症するまで徐々に進行した結果だと考えています。
逆に言えば、今はまだイップスの症状が出ていない方も、この先、いつイップスになってもおかしくはないのです。
私はこれからもまだまだイップスの方は増え続けると予想しています。

イップスと意識

先ほど、私はイップスの本質的な原因は「精神的な問題ではない」と言いました。
では、一体何か原因なのか?
それは意識の問題なのです。
大きな範囲では意識も精神的な部分に入るかもしれません。
ですが、一般的に言われるような「緊張する」「プレッシャーを感じる」「ポジティブに考える」などの精神面ではないのです。
意識と精神は別に考えるべきだと私は考えています。
と言うのは、意識をコントロールする事で精神的な状態はいくらでもコントロールする事ができるからです。
実はイップスはこの意識の使い方が不安定な状態の時に現れるのです。
逆に言えば、イップスを治すには意識のコントロールを練習する事が必要になるわけです。
意識のコントロールが上手になれば、イップスは自然と消えてなくなってしまうのです。

意識のタイムトラベラー

私達の意識は現在、過去、未来、どの時間帯にも飛ばす事が出来ます。
例えば、「昨日の晩御飯」を思い出している時、意識は過去に飛んでいます。
逆に「明日の晩御飯」を考えている時は未来に飛んでいます。
そして、「今、このブログを読んでいる」この瞬間は現在にいます。
このように私達の意識は、その人の興味によって、現在、過去、未来、どこにでも行く事ができます。
つまり、意識はタイムトラベラー、つまり時間旅行者とも言えるわけです。
では、イップスとこのタイムトラベラーはどう関係しているのか?
結論から言うと、過去や未来に意識を飛ばしながらプレーするとイップスになる確率が急激に高まります。
例えば、「ここでミスをしたらどうなるだろう・・」
こんなイメージが湧いている状態は未来に意識が飛んでいるわけです。
また、「前回はこんな場面でミスをしてしまった・・・」
こんなイメージが湧いている状態は過去に意識が飛んでいます。
このような状態で練習や試合を繰り返すと徐々にイップスが進行します。
もちろん、これだけの問題ではなく、技術的な問題も存在するのですが、実はこのタイムトラベラーになる事がイップスに陥る最も大きな原因です。
ですから、精神的な強さ、弱さの問題ではないのです。

イップスは早期対処が最重要

先ほども言ったようにイップスは徐々に知らないうちに進行します。
そして、その経験を記憶化していきます。
ですから、イップスを治すにはできるだけ早く対処する事が大切です。
早ければ、早いほど、イップスを完治するのは簡単です。
逆に、悩みながら練習すればするほど、イップスは泥沼にハマります。

ちなみにこれは野球の動画ですが、この練習は非常に危険です。

原因が分からず、ただ、闇雲に感覚を掴むまで練習をしています。
このような状態を続けてしまうとイップスの記憶を積み重ねている事になります。
ですから、余計にイップスが酷くなる可能性が非常に高いのです。

⇒ テニスイップス克服レッスン 無料モニターの募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です