藤浪投手のイップス

阪神の藤波投手にもイップスの疑惑がありますね。
実際に見ていないので、確かな事は分かりませんが、動画を見る限りはイップスの可能性はあります。
ですが、もし、イップスであったとしても、現状は非常に軽度だと思います。
また、もしかしたら、イップスではなく、ただ、ボールをコントロールする感覚が甘いだけかもしれません。
元々、コントロールが良い方ではなかったですし。

ですが、今後、重度のイップスになる可能性はあります。
理由は彼はボールのコントロールを良くするために、投げ方を色々模索しているからです。

実は野球(投球、送球)でイップスを発症するのは投げ方を工夫してボールをコントロールしようとするのが一番多いケースなのです。
ボールをコントロールする微妙な感覚は意識して身につける事はできません。
理由はボールをコントロールするには自分の意志ではコントロールする事ができない繊細な筋肉を必要とするからです。

この繊細な筋肉の感覚は意識してボールをコントロールしようとすればするほど、上手く作動しません。
ですから、コントロールが甘い選手は「ボールをコントロールしよう」とすれば、するほど、コントロールが乱れます。
今、藤浪投手が陥っているのがこの状態だと考えられます。

では、どうしてボールコントロールが良い投手や選手がいるのか?
そして、彼らは一体どうやって、ボールをコントロールしているのか?

彼らは自分の意志ではコントロールする事ができない繊細な筋肉を上手く使うコツを身につけているんですね。
本来、藤浪選手はこの感覚を身につける練習をするべきだと思います。

一点集中法によるコントロール練習をすれば、この感覚を簡単に身につける事ができます。
自分の意識ではコントロールする事ができない、繊細な感覚を身につけ、ボールコントロールを飛躍的に良くする練習法です。

こちらに非常に興味深い動画があります。
元巨人の桑田氏と藤浪投手の対談の動画です。

この動画の中で桑田氏は「藤浪投手はイップスではなく、技術不足だ」とアドバイスしています。
ですが、この考え方は非常に危険です。
確かに動画の中で桑田氏が説明する内容は本当に素晴らしい技術論をアドバイスしています。
納得するべき事がたくさんあります。
元選手がこれだけ理論的に技術を伝える方は中々おられないと思います。
つまり、技術的には全く問題なく、その通りです。
出来れば、桑田氏がアドバイスしている事は身につけたいところです。

ですが、今の藤浪投手にはとても危険です。
ボールをコントロールする感覚を持っていない選手が技術やフォームを練習すると余計にボールのコントロールを失う可能性が高いからです。

とは、言う物の、その中からボールをコントロールする繊細な感覚を身につけて行く選手もいます。
ぜひ、藤浪投手にはそうなってほしいです。

私の心配が取越し苦労になってくれれば良いのですが・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です