「今」に集中するとイップスは改善します

今回はイップスになってしまう人の特徴についてお話ししたいと思います。
イップスはメンタルが直接の原因ではありませんが、メンタル的な影響を大きく受けている事は間違いがありません。
ですから、メンタル的な特徴があります。

では、それはどんな特徴か?
それは、集中する対象が「過去」や「未来」に移る事です。
意識する物が「過去」や「未来」の物だと言っても良いです。

例えば。
「また、暴投したらどうしよう・・・」
「また、ミスをしたらどうしよう」
「さっきの素振りのように打つにはどうしたら良いんだろう・・」
「さっきの投げ方をするにはどうしたら良いんだろう・・」
「どんな投げ方をすれば良かったんだっけ???」
「どんな打ち方をすれば良かったんだっけ???」

このような思考は意識が「過去」と「未来」を行ったり来たりしています。
この状態に陥ると頭、心、身体がバラバラになります。
このバラバラの状態で練習を続け、メンタル的にプレッシャーを感じたら、誰でも簡単にイップスになる可能性があります。

イップスは特別な人だけがなる物ではありません。
イップスになる条件が整えば、誰もが陥ってしまう可能性があります。

ですが、逆に言えばこの状態にならなければ、イップスになる事はありません。
その為の条件が「今」に集中する事です。
今、その瞬間に必要な集中点に意識が向くようになれば、イップスになる事はありませんし、また、改善していく為にも意識を「今」に集中させる事がとても効果的です。

どんなスポーツにも必ず、そのスポーツの本質となる集中点が存在します。
例えば。
野球、ゴルフ、テニスのような球技であれば、ボールです。
ダーツやアーチェリーなど、的が存在する物なら、的です。
剣道や空手などの相手が存在する物なら、相手です。

これらの集中点に自分の意識を集中させる事がイップスを克服するには最も大切なポイントになります。

イップスが出てしまう時は必ず、意識が「過去」または「未来」に行っているはずです。
それを「今」に留めるようにしてください。
必ず、イップスは改善します。

本日のお話は以上です。
いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

無料メルマガ
「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用したテニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「テニスが伸び悩む5つの間違い」

テニスが伸び悩む理由は5つの間違い。

限られた練習時間でもグングン、レベルアップする人はこの間違いを犯していないから上達しているんです。

あなたはテニスが劇的に上達する「普遍の原理原則」があるのをご存知ですか?
フォームや打ち方を手放した時、始めてテニス上達の原理原則が見えてきます。

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学ぶ事が出来ない普遍の上達法則。
詳しく知りたい方はこちらから

               
           

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です