テニスの上達の為に

テニスボールが飛ぶ距離

今回は「テニスボールが飛ぶ距離」と言う事でお話ししたいと思います。 とっても地味なお話しですが、実は結構重要です。この地味な事をしっかりとイメージできているか、どうかはプレーに大きな影響を与えます。ですので、ぜひ、しっかりと頭に入れ...
サーブ

サーブのトスは體の中心から動けば安定する

今日のテーマはサーブのトスについて。 サーブはトスが非常に重要です。 どんなに素晴らしいスイングをしていても、トスの位置が悪ければ、サーブはイメージ通りに飛んで行きません。むしろ、スイングが良ければ、良いほど、トスの影響が大き...
テニスの上達の為に

なぜ、振り遅れてしまうのか?

今日は「振り遅れ」をテーマにお話ししたいと思います。 テニスのミスのほぼ全てがタイミングが遅れる事です。早すぎてミスをする事はほとんどありません。 仮に「早すぎた」と感じる事があっても、実はそれは「後れを取り戻そう」として、焦...
テニスの上達の為に

二者択一の危険

今日は「二者択一の危険」についてお話しします。 この事については以前にもお話ししていると思います。ですが、それが問題で伸び悩んでいる方が非常に多いので、繰り返しお話ししたいと思います。 生徒さんに、よくこんな質問をされます。 ...
テニスの上達の為に

フォームを教わる事の弊害

さて、早速ですが、今日のテーマは「フォームを教わる事の弊害」これについてお話しします。 一般的なテニスの指導と言えば、まず間違いなくフォームの指導です。 「この時はこんな振り方」「このボールはこんな打ち方」「こんな状況はこんな...
テニスの上達の為に

テニスのフォームの源

さて、早速ですが、今日のテーマです。今日は「フォームの源」についてお話しします。 どんなスポーツにもフォームと言われる物が存在します。 テニスであれば、フォアハンドストロークのフォーム、サーブのフォーム・・・こういう物ですね。...
テニスの上達の為に

テニスの危険な常識

テニスには色々な間違った常識があります。常識は非常に厄介な物で、多くの人が「それはそうだろう」と疑いもせずに受け入れています。 この常識の為に、上達が止まっているケースが非常に多いです。 例えば、「正しい打ち方や動きを理解する...
テニスの上達の為に

體を部分的に意識するとテニスは上手くなれない

體は部分的に意識するほど、全体の協調性を無くし、上手く動かなくなります。テニスのパフォーマンスは全身を協調させる事が必要です。その為に體は出来るだけ部分的に意識しない方がテニスは上達が早くなります
フォアハンドストローク

フォアハンドストロークでは脇を閉めない

フォアハンドストロークでは脇を閉めないほうが圧倒的に良いフォアハンドストロークになります。閉めると精度、パワーなどの全てを失います。
テニスの上達の為に

上達が止まる危険な思考

今日のテーマは「上達が止まる危険な思考」これについてお話しします。 まずは、結論です。 上達が止まる最も危険な思考は? 「試さなくても、考えれば、分かる」 これが一番危険です。 テニスにおいて、頭は思っている...
テニスの上達の為に

ラケットの真ん中にボールが当たらない理由

ラケットの真ん中にボールが当たらないのはボールを観ていないからではありません。ボールをしっかりと見ていても、體の使い方を勘違いしていると安定してスイートスポットでボールを打つ事が出来ません。
テニスの上達の為に

身体を使って、テニスをするとは?

身体を使って、テニスをするには体捌きを覚える事が必要です。小手先ではなく、体捌き、これを練習するとテニスはどんどん上達します。
テニスの上達の為に

テニスの指導

早速ですが、今日のテーマは「テニスの指導」と言う事でお話ししたいと思います。 テニスの指導と言えば、まず、フォームです。 どんな風に打てば、上手くボールを操る事が出来るか?ほぼ全ての指導現場でこれを指導されます。 きっと...
テニスの上達の為に

美しいテニス

美しいテニスを身に付けるには?テニスの美しさはどこからやってくるのか?
フォアボレー

フォアボレーの打点を前にする方法

「フォアボレーの打点が前にならない・・・」こんな悩みをお持ちの方は少なくないと思います。「もっと前の打点で取ろう」と意識しても打点は前にはなりません。打点が前にならない理由があるからです。 この理由を解決しなければ、打点は前にはなり...
フォアボレー

フォアボレーが上手くなる為のインパクトのコツ 4選

ボレーは距離が短く、どうしても、時間に余裕がなくなる場面が増えます。そのために、十分にラケットを振る時間が無い事がしばしば出てきます。そんな時に重要になるのが、インパクトの時の強さです。時間があれば、ラケットを移動させることで生まれるエネ...
バックボレー

ただ、ボレーするだけの動画

ほとんど、動かず、チンタラとボレーするだけの動画です。 ただし、一応練習の目的があって、ボールと脇の開閉のタイミングをチェックしています。脇が適切に使えると肩甲骨によって、腕と背中が繋がります。そのために自然と背中の筋肉の力を使う事...
フォアボレー

フォアボレーの当たりの厚さ、薄さをコントロールする方法

フォアボレーのレベルアップには、当たりの厚さをコントロールする事がとても大きなポイントになります。 状況に応じて、時には厚く、時には薄く、ボールをコントロールする事が出来ると安定して、ポイントにつなげる事が出来るようになります。 ...
テクニック解説

正しいフォームを身に付ける為の二つの条件

テニスが上達する為には正しいフォームを身に付ける事はとても大切な要素の一つです。フォームが正しくなければ、再現性や精度、パワー、スピードを高める事が出来ません。ですから、正しいフォームを身に付ける事は大きな課題の一つです。 ただし、...
テクニック解説

慣性の法則に影響を受ける二つのラケットの扱い方

地球上でテニスをする限り、必ず重力の影響を受けます。そして、それによって慣性の法則が働きます。これらがラケットまたは體に与える影響は想像以上に大きいです。 レベルの高いプレーヤーほど、この影響を感覚的に掴んでいます。そして、その影響...
タイトルとURLをコピーしました